「タダ働きしてきたのに……」矢口真里の再密会報道で、現役モー娘。の紅白出場も消滅!?

日刊サイゾー / 2013年11月13日 11時0分

写真

 再び盛り上がっている、元・モーニング娘。矢口真里と“クローゼット間男”梅田賢三の恋愛情事。この影響をモロに食らいそうなのが、現役のモー娘。たちだ。

 無期限活動休止中の矢口が事務所の忠告を無視し、自宅不倫騒動の原因となったモデル・梅田賢三と密会していたことが判明。またしてもマスコミの餌食になっているが、地道に頑張っている現役メンバーにしてみれば、とんだとばっちりだ。

 音楽関係者は「どうしても『元モー娘。の矢口真里』と報じられますからね。現役メンバーがイベントやライブなんかを開いても、マスコミはOGの矢口さんについて聞くことになるでしょう。同情してしまいますよ」と話す。

 昨年ごろから、AKB48のマンネリ化に伴い、モー娘。株が急上昇しており、今年は事務所も本腰を入れて営業をかけまくっていた。

「最たる例が音楽番組。“再ブレークするには、まずは露出から”と、事務所幹部が各局回って『タダでもいいから出してください』と頭を下げていた。おかげで、モー娘。人気はじわじわ上がり、新曲がオリコン1位を獲得するまでに復活。現在は、暮れのレコード大賞やNHK『紅白歌合戦』に向けて総動員で営業している最中でした」(テレビ関係者)

 事実、モー娘。リーダーの道重さゆみは11日、ソロ写真集『Blue Rose』(ワニブックス)の発売記念イベントで、6年ぶりの紅白出場について「出たい。年末のお仕事も充実させたい」とアピール。

 現在、モー娘。は当落線上にいるといわれているが、“矢口爆弾”のせいでそれが消し飛んだら、目も当てられない……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング