「本当に前から住んでた?」“LAブログ”更新中の浜崎あゆみにヤラセ疑惑が浮上したワケ

日刊サイゾー / 2013年11月15日 9時0分

写真

  米ロサンゼルスにある自宅で撮影された写真集『ayu』(講談社)と、LAでの私生活を紹介したライフスタイルブック(タイトル未定)を2カ月連続で発売する浜崎あゆみ(35)。11日から写真集の宣伝のため、“7日間限定”のブログ「A DIARY ~7days Limited~」を公開している彼女に、ある疑いが浮上しているという。

「一部ファンの間で、『そもそも、LAに住んでいなかったのでは?』という、疑いの声が出ています。ファンでさえ、LAに自宅があるというのは初耳だった上、彼女は最近、日本に2軒目の豪邸を建てたばかり。8月には、その新築を雑誌『Numero TOKYO』(扶桑社)で初公開し、ロングインタビューで私生活について語っていますが、アメリカの話は一つも出てこない。ライフスタイルブックの発売が、3月から12月に突然延期になったのも、疑われる要因となったようです」(芸能記者)

 どうやらLAの自宅が、本の企画ありきの“演出”だと疑われてしまったようだ。確かにブログを見ると、LAに着いた途端に「LA」というワッペンのついた帽子をかぶったり、「自宅リビングルームからの景色です(はぁと)」と、絵葉書きのようなサンセットの写真を掲載したりと、ベタな演出でLA生活をアピールしているようにも受け取れる。

 しかし、ライフスタイルブックとは、普段の生活が紹介されていないと意味がない。元々住んでもいなかった海外生活を見せられたところで、それはただの“作り物”。浜崎もさすがに、そんなファンを裏切るようなことはしないだろう。

「彼女は公表されているだけでも、国内外に3軒の自宅を所有していることになる。かつて一時代を築いた彼女の資産は、数十億円ともいわれており、家を何軒持っていてもおかしくない。これまでも、元恋人の内山麿我とのパリデート写真や、白人男性とのバリ島連泊デート写真などに“ヤラセ”疑惑がささやかれた浜崎さんですが、そんなワールドワイドなセレブ生活を庶民が理解できず、今回のような疑惑を生んでしまったと考えられます」(同)

 写真集発売直前にもかかわらず、「LAに住んでいない」という残念なウワサが立ってしまった浜崎。根拠のないウワサ話は、スターゆえの宿命だろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング