盟友・島倉千代子さんへの追悼コメントも「載せるな!!」バーニング周防社長の“小林幸子潰し”が止まらない!

日刊サイゾー / 2013年11月15日 12時0分

写真

 今年も例年通りならば、そろそろ大みそかのNHK『紅白歌合戦』の出場歌手が発表される時期を迎えたが、関係者の間で注目されているのは、昨年は落選した演歌歌手の小林幸子が復帰できるかどうかだという。

「昨年春先の“お家騒動”で、長年二人三脚で歩んできた個人事務所の女社長らとケンカ別れ。自ら個人事務所を設立しただけではなく、長年所属していた大手レコ-ド会社『日本コロムビア』からも独立し、レコードレーベルを設立した。『紅白』には“レコード会社枠”があり、ただでさえインディーズでは厳しい上、幸子が袂を分かった女社長をバックアップしていたのは“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長。なかなか女社長に頭を下げない幸子に周防氏も怒り心頭で、自らの影響力を最大限に発揮して『紅白』から幸子を締め出した」(芸能デスク)

 幸子といえば、長年にわたって、美川憲一との豪快衣装対決が紅白の名物となり、美川が落選後も豪華衣装を披露し続けていたが、昨年ついに落選。今年はすでに動画サービス「ニコニコ動画」の年越し生ライブが決定している幸子、同ライブの会見では紅白の衣装構想を明かし、「(出場は)NHKさんが決めること」と復帰に向けて意欲満々だったが、どうやら今年も復帰はなさそうだという。

「8日に島倉千代子さんが肝臓がんで死去。その際、親交のあった芸能人のコメントが次々と発表された。そんな中、小林はマスコミ各社に直筆のコメントをファクスで送ったが、周防氏がB担と呼ばれる各スポーツ紙のバーニング担当記者に『幸子がコメント出してるらしいけど、来ても紙面に載せるな!!』と指示。翌日のスポーツ紙を見ると、各紙とも掲載を見送り、一部スポーツ紙のネット版にのみ幸子のコメントが掲載されていた。幸子といえば島倉さんとかなり親交が深く、島倉さんも14日の都内で行われる葬儀に来てほしかったはず。ところが、その葬儀で周防氏が友人代表・葬儀副委員長に名を連ねているだけに、幸子は行けるはずがない。またしても周防氏があからさまな“幸子潰し”を行ったことで、まだまだ“お家騒動”が解決していないことを露呈。となると、現時点では今年の紅白出場も絶望的」(レコード会社関係者)

 スポーツ紙のネット版によると、幸子は「母さんから頂いたおそろいの指輪が宝物です。本当に突然でまだ気持ちの整理がつきません。母さん! ゆっくり休んでください」などとコメントしたが、天国の島倉さんも幸子の今後を案じているに違いない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング