結成4年で東京グローブ座を埋めたお笑いコンビ・ラブレターズが確かににおわせる「来てる感」の正体

日刊サイゾー / 2013年11月20日 13時0分

写真

 11月27日、ラブレターズにとって初めてのDVD『ラブレターズ単独ライブ LOVE LETTERZ MADE 「YOU SPIN ME ROUND」&ベストネタセレクション』(コンテンツリーグ)がリリースされる。このDVDには、8月に東京グローブ座で行われた単独ライブ「YOU SPIN ME ROUND」に加えて、これまでのベストネタが収録されている。

 「キングオブコント2011」では決勝に進み、東京グローブ座での単独公演は大盛況。新世代コント芸人として進化を続けるラブレターズの2人を直撃した。

――東京グローブ座という大きな劇場で単独ライブを行ったきっかけは、なんだったんですか?

溜口 最初は、事務所の社長に言われたんです。それで、このタイミングでやらせてもらえるなら、やるしかないな、と。やっぱり僕らは「来てる感」をどんどん出さないといけないなと思っていて。ライブシーンで勝っていくのはもちろん大事なんですけど、自分たちからいろいろ仕掛けていって、“あっ、なんかこいつら勢いあるな”っていうのを見せないといけない。

――確かに「来てる感」は大事ですよね。

溜口 周りにそういうふうに思わせることができたら、自分たちのやる気にもつながるし、頑張れる。そこを出したかったんで、グローブ座では絶対やりたいなと思いましたね。

――でも、そんなに大きな箱で客席が埋まるかどうかという不安はありませんでしたか?

塚本 めちゃくちゃ怖かったですね。僕は消極的な部分もあるので、“えっ、そんなに入るかな?”って思ったんですけど、相方が「いや、そこはやったほうがいい」って。

溜口 僕も怖かったですけど、事務所が「やってみればいいじゃん」と言ってくれたので。たぶん、失敗しても失敗にならないような気がしたんですよね。たとえお客さんが入らなくても、ああ、こいつら無茶したな、っていう笑いにもなりますし。どっちにしても、面白くはなると思うんで。僕は、自分たちのハードルをどんどん上げたいんですよね。僕らは2人とも、プレッシャーがないとだらけちゃうんで。

――私も伺いましたが、結果的には大盛況でしたね。

塚本 はい、ありがたいことに。まさか、ですよね。埋まるとは思ってなかったですから。

――ライブの準備は大変でしたか?

塚本 そんな大きいところでやったこともなかったので、だいぶしんどかったですね。

溜口 本番の1週間前に事務所の人とかスタッフさんに通し(稽古)を見せるんですけど、そのとき本(台本)があまり上がっていない状態で。それを見せたら、いろいろなスタッフさんからバーッと意見を言われたんです。「演出が全然ダメだ」「今までの小さい小屋のスケールでやってるから面白くない」とか。社長からも「このままじゃ、絶対失敗する」って。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング