ノーギャラ出演も!? スポンサーCM自粛が続くみのもんた、さらなる窮地に――

日刊サイゾー / 2013年11月21日 11時0分

写真

 一度狂った歯車は、簡単には戻らないようだ。次男・御法川雄斗氏の不祥事で一気に引退危機に追い込まれてしまったみのもんた。ライフワークのTBS系『みのもんたの朝ズバッ!』を降板し、ミソギが済んだかと思いきや、今度はラジオ番組『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』(文化放送)が打ち切り危機という。

 次男逮捕後、番組スポンサー2社が「騒動の経緯を見守りたい」として、広告出稿を自粛。その後、次男は不起訴となり、騒動もようやく収まるかに見えたが、今度はみのが番組内で、8日に亡くなった島倉千代子さんの葬儀を「(自分の)復帰にふさわしい舞台」と評して大炎上してしまった。

「文化放送には、リスナーから相当数の抗議が殺到したそうです。これを見て、せっかく自粛を解こうとしていたスポンサー2社も態度を硬化。『もう、みのさんでは限界』という声が上がっています」(スポーツ紙の放送担当記者)

 19日、同社の三木明博社長は定例会見を行い、現在もスポンサー2社がCM出稿を自粛していることを明かし「現状やこれからの考え方を広告主に丁寧に説明して、出稿をお願いしたい」とコメント。みのについては「OBですし、私との付き合いもアナウンサー時代から非常に長い。今の番組も一人のパーソナリティーが続けている番組の中では文化放送の中でも最長寿番組で、我々にとって非常に大切な番組。みのさん個人も、自分の原点はこの番組にあるんだと、ずっと続けてこられた。お互いにそういう思いがあって、現在の状況になっている」と擁護し、現時点での番組打ち切りは「考えていない」とした。

 だが、芸能プロ関係者は「ラジオはテレビに比べてコストはかからないし、極論を言えばスタジオにタレントとMCさえいれば成立する。現状はじわじわと兵糧攻めを食らっている感覚ですね。このままCM出稿が再開されなければ、来春にも打ち切りでしょう。それまでは、みのさんにノーギャラ出演してもらうしかないのでは?」と語る。

 今年もあとわずかで終わりだが、みのにとっては寂しい年越しになりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング