トラブルメーカー玉置浩二“スピード離婚”の予想を裏切った、妻・青田典子の「操縦術」

日刊サイゾー / 2013年11月22日 9時0分

写真

 “お騒がせ男”のイメージが強い歌手の玉置浩二が、改心したと評判だ。

 現在、KAT-TUN・亀梨和也主演の連ドラ『東京バンドワゴン』(日本テレビ系)に役者として出演中だが、撮影前からスタッフは「ドタキャンされるのでは?」と戦々恐々。何が起きてもいいように、玉置がいなくなっても物語として成立する台本作りをしてきた。

 だが、現時点で玉置が大きなトラブルを起こしたという話は聞かない。ドラマ関係者によると「彼が“安定”しているのは、奥さんである青田典子さんの存在が大きい」。感情の起伏が激しい玉置は日によって機嫌が違うそうで、時には撮影日にもかかわらず、自宅のクローゼットに隠れて「行きたくない!」とダダをこねることも……。

「そんな時、青田さんは叱りつけるのではなく、アノ手コノ手で彼を懐柔。あえて無視して向こうから話し掛けてくるのを待ったり、大音量で音楽をかけ、クローゼットから飛び出してくるのを待ったり……。寂しがり屋の玉置さんと手をつないで、一緒に撮影現場に来ることもあります」(同)

 玉置のキスのおねだりに快く応じ、時には一緒にお風呂に入ることもあるという。

「とにかく彼女は、玉置さんの心のツボを熟知している。このところ玉置さんは帰宅してもドラマの役柄が抜けず、常にハイテンションのようですが、彼女も一緒になってハイテンションで迎えてあげている。“玉置劇場”を一緒に楽しんでいるように思える」とは芸能プロ関係者。

 今年の青田の誕生日には、玉置は100本のバラの花束を持って登場。この日のために用意した両親のビデオメッセージをサプライズ上映し、青田を涙させたという。ワイドショースタッフは「来月のクリスマスもお互いロマンティックなプレゼントを準備しているそうで、現在彼女は必死にギターで『安全地帯』の曲を練習しているようです」と証言する。

 周囲の「どうせすぐ別れるだろ」という予想を、いい意味で裏切っているようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング