赤西仁『47RONIN』会見 ジャニーズのWEB露出規制にキアヌ・リーブスが大困惑……

日刊サイゾー / 2013年11月29日 9時0分

 12月6日公開の米映画『47RONIN』でハリウッドデビューする赤西仁が18日、都内で行われた同作の記者会見に出席した。主演のキアヌ・リーブスが来日してのPR会見で、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウら豪華メンバーと並んで登壇。左手薬指に黒木メイサとの結婚指輪を光らせた赤西は、日本人キャストはもちろん、キアヌをも喰うほどの大物っぷりを見せつけていたという。

「最初のスピーチで、第一声で『赤西でござる……』とボソリ。会場は一瞬静寂に包まれたのですが、直後に通訳がそのまま『アカニシ、デ、ゴザル』と訳したことで笑いが起きました。特に、海外の取材陣に好評だったようです。会見中で一番ウケていたのは、赤西のこの場面だったかもしれません」(映画ライター)

 その後も「監督やキアヌがいい雰囲気を作ってくれたので、あまり緊張しなかった」と話すなど、初ハリウッドにもビビらなかったことをアピールした赤西。現場には赤西を担当するSMAPマネジャー・飯島三智氏の姿こそ見られなかったものの、広報担当のC氏が駆け付けていて、会見後にはスポーツ紙の担当記者を集めて“密談”を繰り広げていた。

「Cさんが会場に来たということで、何か特ネタでも記者に明かしてくれるのかと思ったのですが、翌日の紙面を見ると何も載ってなかったので、Cさんは単純に赤西の売り込みのために来場したようですね」(前出ライター)

 また、WEB上での写真掲載をNGにしているジャニーズ事務所ならではの理由で、キアヌを驚かせる場面もあった。

「最後のフォトセッションで、『WEBメディア用に』と、赤西抜きでの撮影パターンも用意されたんです。先に赤西抜きで撮影した後で、赤西が加わってもう一度撮影が行われました。キアヌは事情をよく分かっていないようで、2回転目のフォトセッションの際に不思議そうな表情を浮かべていました。赤西はフォトセッションのときは左手をずっと後ろに隠していて、いつもマスコミに取り上げられてばかりの結婚指輪が写らないよう、気を使っているようでした」(スポーツ紙記者)

 そんな気遣いも見せつつ、赤西はカール・リンシュ監督とハイタッチしたり、キアヌとも肩を叩き合うなど、親しげな振る舞いを見せており「以前より伸び伸びしているようにも見えた」(同)という。赤西が生きるのに、やはり日本は狭すぎるのかもしれない。

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング