「もう帯番組はいい……」タモリが文春のインタビューで『いいとも』タブー話を解禁!?

日刊サイゾー / 2013年12月25日 17時30分

写真

 3月の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了まで、残すところあと1クールとなったタモリが、25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の対談連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」に登場した。

 21年続く同連載は、今号が1,000回記念。普段、雑誌のインタビューはほとんど受けないタモリだが、付き合いの長い阿川の連載ということもあり、引き受けたようだ。

 対談では、デビュー当時の思い出や、『いいとも』終了直前の心境、終了後の生活の予定などを話している。

 タモリは、『いいとも』終了に至った経緯については、言葉を濁したものの、帯番組の出演については「もういいです」と吐露。「少しゆっくりしたい」としながらも、面白そうな新番組のオファーは受けるつもりだといい、68歳となった今でも、まだまだ休む気はなさそうだ。

 また、2人はこれまでタブーとされてきた「テレフォンショッキング」の裏側についても触れている。演出として“お友達紹介”形式(昨年4月まで)がとられていたものの、次回以降のゲストが事前に決まっていたことは有名だが、タモリはさらに、番組開始時からそうであったと話し、タレントに声をかけてから出演まで“一週間弱”と短いため、スタッフはスケジュール調整に難航してたことまで明かした。

「『いいとも』終了に合わせ、来年は非公式のメモリアル本や、タモリ考察本などが、さまざまな出版社から刊行されるでしょう。また、現在の共演者をはじめ、過去の出演者の口からも、思い出や裏話が聞けるでしょうから、32年のグランドフィナーレへ向け、タモリさんの周辺は騒がしくなりそうです」(芸能記者)

 毎日のようにテレビで見られるものの、どこか謎に包まれた存在のタモリ。『いいとも』終了をきっかけに、関係者だけが知るタモリの素顔を、私たちも少しだけ覗くことができるかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング