「大先輩に、あまりにも失礼!」元夫・中村獅童の母の死去で竹内結子に批難殺到のワケ

日刊サイゾー / 2013年12月27日 9時0分

写真

 17日に心不全で急死した歌舞伎俳優・中村獅童の母・小川陽子さんの通夜が19日、葬儀・告別式が20日、都内でしめやかに営まれた。

 告別式では喪主を務めた獅童が「中村獅童はおふくろがつくった、小川陽子がつくった最高傑作だったと言われるような役者になれるよう頑張ります」と号泣しながら挨拶し、参列者の涙を誘ったが、集まった報道陣が注目したのは、獅童の前妻で女優の竹内結子の対応だったという。

「追悼の気持ちが深いなら、事務所の制止を押し切ってでも参列すると思われたが、結局参列せず。それでも供花はしたようだが、なぜか、竹内の名前があったブロックのボードはあまり目立たない式場の隅のほうに寄せられていた。関係者が報道陣に騒ぎ立てられるのを嫌って、配置する場所を配慮したようだ」(芸能デスク)

 獅童と竹内は、映画で夫婦役を演じたのがきっかけで、2005年6月に“デキちゃった”結婚。同11月に長男を授かったが、獅童の女性問題などが原因で08年2月に離婚。離婚に至るまで、竹内と陽子さんとの激しい確執が女性誌などで書き立てられた。

「竹内はステージママだった陽子さんに取り入って結婚したものの、いずれは“梨園の妻”となって獅童の活動をサポートすることを求め、さらには長男に獅童の後を継がせ歌舞伎俳優に育てようとした陽子さんと真っ向から対立。そのうち獅童の女性問題が発覚し、離婚についての話し合いが行われていたが、陽子さんが親権を竹内に譲ることに納得せず。というのも、竹内はあまり家事が得意ではなく、シングルマザーになって仕事を始めたら子どもの世話がおろそかになるのは確実だった。そんな獅童の長男を、陽子さんはなんとしても竹内に渡したくなかったが、結局、親権は竹内へ。おそらく、天国でも獅童の長男の成長を見守っていることだろう」(演劇関係者)

 竹内は陽子さんの死去から一夜明けた18日、出席予定だった吉永小百合の映画制作会見を欠席。会場に「出席かなわず、とても残念です」とメッセージを寄せた。だが、20日には主演ドラマの完成披露会に出席。この一連の対応に、各方面から批難が殺到しているという。

「吉永といえば、竹内にとっては大先輩に当たり、主役は吉永。だが、一方的に竹内サイドから欠席が伝えられたという。20日の会見では、事務所サイドから集まった報道陣に『獅童さんの母親の質問はNG』とお達しがあった。竹内の事務所は、とにかくタレントの意向優先。毎回低視聴率に沈んだ竹内の主演ドラマ『ダンダリン 労働基準監督官』(日本テレビ系)も、竹内が『子どもといる時間が惜しいから、あまりPR活動を入れないでほしい』と非協力的で、制作発表会見すらしなかったところ、大コケ。このままだと、年々仕事は減る一方だろう」(映画関係者)

 堂々と会見でコメントをするなり、通夜もしくは告別式に参列すれば竹内の株がグンと跳ね上がったはずだが、今回の一件でガクンと株を下げてしまったようだ。

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング