北朝鮮ナンバー2張成沢氏の粛清で、人権無視の「喜び組」がさらに過激化する!?

日刊サイゾー / 2013年12月29日 11時0分

写真

 北朝鮮のナンバー2といわれた国防委副委員長の張成沢氏が粛清された事件は、一説には不倫やカジノでの浪費など素行不良が理由とも伝えられる。

 ただ、代わってナンバー2の座に就いた崔竜海・人民軍総政治局長は、その上を行くハレンチ趣味で知られる人物だと韓国の週刊誌記者が明かす。

「崔局長はもともと故・金正日が開くセックスパーティーの仕切り屋としての顔もあって、性的奉仕をするチーム“喜び組”の教育係といわれた人物です。総書記が喜びそうなさまざまな性的プレイを教育、現在は後継者の金正恩第一書記のために性の宴を用意させているという話です」

 過去、韓国で報じられたところでは、崔局長が好んでやっていた余興として、ゲームで負けたら女性が服を脱いだり性的行為を強要されるようなことのほか、女性たちの陰毛を剃らせたり歯を抜くなどして性奴隷としていたことなどだが、こうした乱倫の極みは金正恩第一書記でさらにエスカレートすると記者は言う。

「何しろ正恩はかなり嫉妬深い性格で、自分以外の男性が美女を連れているだけで不愉快になるような人物。張氏が、自らの管轄下にある楽団員の女性と関係を持った話を聞いて激怒したのが粛清の理由、ともいわれるほど。現在の地位に就くまで女性と派手な交際はしていなかったはずなので、そういった欲求が一気に爆発する可能性は高いと思います」(同)

 そのせいか、情報筋によると、新たに“喜び組”の選抜が来年2月までに行われるという話もある。

「張氏の処刑で、彼がかわいがっていた楽団もすでに解散されているので、新たに結成されるんです。一説には正恩がアスリート女性好きで、体操や陸上の選手が集められているともいわれます」(同)

 仮にそれを指揮しているのが崔だとすれば、より過激な「新・喜び組」となりそうだが、いずれにせよ金正日総書記時代、一度入れば死ぬまで性奴隷として服従を強いられるといわれた喜び組。「中には妊娠しないように強制的に手術を受け、その後遺症から歩行が困難になった女性もいる」(同)というから、あまりに残酷な話だ。トップが替わっても、人権を無視した北の横暴は変わらないのか。
(文=鈴木雅久)


日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング