芸能プロ幹部によるミスインタ“脅迫・ストーカー”問題に『ミヤネ屋』出演者が言及

日刊サイゾー / 2014年1月10日 13時0分

 谷口氏が役員を務めるケイダッシュの川村龍夫会長は、業界ではコワモテとして恐れられている。また、谷口氏は“芸能界のドン”と呼ばれている「バーニングプロダクション」の周防郁雄社長の威光をかさに勢力を伸ばしてきた。春川氏の言う「大手芸能プロに配慮しているとしたら情けない限り」という指摘はズバリ当たっている。しかも一番配慮しているのが、皮肉にも春川氏がコメンテーターを務めている『ミヤネ屋』だ。同番組の顔である宮根誠司は、まさに大手芸能プロの庇護下にある。同番組における芸能スクープも、その力を利用して得たものが少なくないといわれる。

 数年前に他界した“芸能リポーターの元祖”といわれた梨元勝さんは、ワイドショーの専属リポーターを務めていた時、大手芸能プロの圧力に対して、クビを覚悟で番組プロデューサーと毅然として闘った。春川氏に自らコメンテーターを務める番組が大手芸能プロの影響を受けていることを認識してもらい、宮根やプロデューサーと闘ってもらいたいものだ。それが、沈黙しているマスコミに目を覚まさせるきっかけになるかもしれない。

 吉松さんのストーカー事件を風化させないためにも、春川氏に期待したい。
(文=本多圭)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング