元AKB48・前田敦子を映画ファンが絶賛!「アイドル時代の彼女を知らないが、演技は素晴らしい」の声

日刊サイゾー / 2014年1月23日 9時30分

写真

 元AKB48・前田敦子の演技が、多くの映画ファンから絶賛されている。

 アイドル卒業後、NHKの時代劇『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』で主演を務めたほか、映画『もらとりあむタマ子』で主演を務めるなど、着々と演技経験を積んでいる前田。その演技力については、これまで賛否が飛び交い、特に『あさきゆめみし』は、視聴者から「声が聞き取りづらい」「主演にはまだ未熟」などと批判も多かった。

 さらに、2011年に記録的な低視聴率を叩き出した主演ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)をはじめ、出演作の視聴率が振るわないことから、“低視聴率女優”と呼ばれることもしばしば。

 しかし今月11日、主演映画『Seventh Code : セブンスコード』が封切られるやいなや、映画ファンから「前田の演技が素晴らしい」「前田が歌うシーンが、とにかくいい!」「アイドル時代の彼女を知らないが、女優として可能性を感じる」「前田の素朴さ、暗さ、強さ、真面目さ、気だるさ、すべてが映画にいい影響を与えている」などと称賛の声が相次いだ。

 また、前作の『もらとりあむタマ子』で演じた“干物女”と相反する躍動的な演技に、「同じ人が演じているとは思えない」「これこそ女優」と併せて評価する声も多く、“女優・前田敦子”が映画ファンから注目を集めているのは確かなようだ。

「『Seventh Code』は、もともと前田の同名シングルのMVとして、黒沢清監督が全編オールロシアロケで手掛けた、60分のミステリー作品。もちろん、中には『前田の演技は普通』『可もなく、不可もなく』という意見もありますが、彼女の演技は国内のみならず、世界からも広く評価され始めている。もちろん、同作が昨年に『ローマ国際映画祭』で2冠に輝いたことも作用しているでしょうけど、前田さんが“テレビよりも映画向き”であるという見方は、業界内でも強くなっている印象です」(芸能記者)

 トップアイドルの地位を投げ打ち、女優へ転身した前田。大女優と呼ばれる日も、そう遠くはないのかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング