「子どもは親の映し鏡ですよ」第1子誕生の高島彩アナに、新興宗教教祖のゆず・北川悠仁母が助言か!?

日刊サイゾー / 2014年2月19日 17時30分

写真

 元フジテレビアナウンサー・高島彩との間に第1子女児が誕生した人気デュオ・ゆずの北川悠仁が19日、情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)に生出演し、喜びを語った。

 出産に立ち会った北川は、「無事に安産で。(母子共に)健康です」と報告。出産の瞬間、涙を流したことを明かし、「すごくうれしい気持ちや感動があったので、全部音楽に変えたい」と意欲を見せた。

 北川といえば、母親の敬子さんが、宗教法人「かむながらのみち」の教主であることでも知られている。毎年、総本山である山梨県・身曾岐(みそぎ)神社では、ゆずのライブが行われているほか、北川夫妻が結婚式を挙げたのもこの神社であった。

 同宗教は、夫唱婦随による家庭円満を実践目標に掲げており、敬子さんは今月、公式サイト上で「家庭こそ世界の礎」というタイトルのメッセージを綴っている。以下、「教主からのメッセージ」2月分より抜粋。

<本年のテーマに「国の未来・世界の未来を祈る」とありますが、この国、世界の礎となりますのが、実に家庭であることは明白であります。(略)子育て上の悩みというのは、時代によって様々だと思います。ですが、私はその内容如何に関わらず、常にこうお伝えしております。「子どもは親の映し鏡ですよ」と。神仏に合わせるとは、それまで自分のためだけに生きてきた心を入れ替え、この命が少しでも世のため、人のためにお役に立つようにと、自己の心身を捧げる生き方のことです。(略)そのような祈りを基とした生活に切り替え、日々の務めを果たしていこうとする親の姿を見て、子どもは自分の生き方を定めていくのです>

 出産時期に合わせ、義母から高島に宛てたメッセージともとれるこの文章。ある芸能関係者は、「高島さんが出産を機に、家庭に入る可能性も高い」と話す。

「『かむながらのみち』は、ゆくゆくは北川さんが教主を継ぐといわれている。高島さんは結婚後も、『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』『全力教室』のレギュラー司会(現在は、別のアナウンサーが代行)や、『THE MANZAI』『FNS歌謡祭』(すべてフジテレビ系)といった大型特番の司会を務めているが、超人気アナだけに、当然オファーは絶えない。しかし、彼女もいずれは義母の教えを守り、数千人の会員に対して家庭の大切さを伝え、見本とならなければならない。高島は、復帰したい気持ちも強いというが、出産を機に芸能活動はますますセーブせざるを得ないだろう」(芸能関係者)

 かつては、「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)で5連覇し、殿堂入りを果たすなど、実力・人気ともに認められている高島。しかし残念ながら、彼女がテレビから姿を消す日も、そう遠くはないのかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング