新曲「ゆめのはじまりんりん」初登場9位……きゃりーぱみゅぱみゅがオリコン上位に入れないワケ

日刊サイゾー / 2014年2月28日 9時30分

写真

 26日に発売された、きゃりーぱみゅぱみゅのニューシングル「ゆめのはじまりんりん」(ワーナーミュージック・ジャパン)が、オリコンデイリーランキングで初登場9位を記録したことが分かった。これに、ネット上では「意外と低いな」「もっと売れてると思ってた」という驚きの声が上がっている。

 ちなみにこの日、きゃりーよりも売れた1~8位のアーティストは、上位から順にAKB48、E-girls、Lead、AAA、スフィア、ALLOVER、KANA-BOON、MBLAQ。AKB48やE-girlsはともかく、中にはきゃりーよりも上位であることに首を傾げたくなるような、一般的に無名のアーティストも……。

 そこで、きゃりーのこれまでのオリコンシングル週間ランキングの最高順位を見てみると、1st「つけまつける」が7位、2nd「CANDY CANDY」が8位、3rd「ファッションモンスター」が5位、4th「キミに100パーセント/ふりそでーしょん」~5th「にんじゃりばんばん」が3位、6th「インベーダーインベーダー」が6位、7th「もったいないとらんど」が8位。意外にも、シングル7タイトル中、トップ3に入ったのは2タイトルだけであった。

 だが一方で、動画共有サイト「YouTube」の再生数は昨年、きゃりーのミュージックビデオが1、3、4位と上位を独占(国内総合)。1位の「にんじゃりばんばん」は、昨年だけで再生数2600万回を突破している。

「きゃりーは、特別に“クレヨンしんちゃんバージョン”を発売した4thシングルを除いては、ジャケット違いの“初回限定盤”と“通常版”の2形態のみ、というシンプルな販売方法を徹底している。一方、今回のAKBのニューシングル『前しか向かねえ』は、8形態リリースされた上、それぞれにイベント応募券や握手券、写真を封入している。E-girlsも、CD3形態や、ミュージックカード29種類を発売し、3形態同時購入で特典も。今の音楽業界はそんな調子ですから、真っ向勝負のきゃりーが太刀打ちできるわけもありません」(芸能ライター)

 現在、自身2度目のワールドツアーで、アメリカやカナダ、オーストラリア、フランス、ドイツなど、世界15カ所を巡っているきゃりー。世界を相手に挑戦する彼女は、もはやオリコンランキングなど気にしちゃいないのかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング