矢口真里との“離婚ネタ”は、まだまだ鉄板……! 俳優・中村昌也にバラエティオファーやまず

日刊サイゾー / 2014年3月5日 11時0分

写真

「本人はバラエティよりも役者の仕事をしたいんでしょうけど、割合でいうと7:3でバラエティのオファーが多いようです。大阪出身ですし、お笑いは嫌いじゃないみたいですけどね」(芸能事務所関係者)

 昨年5月に、矢口真里と“ドロ沼”離婚した俳優の中村昌也。先日、関西テレビで放送されたトーク&バラエティ『快傑えみちゃんねる』に出演した際、離婚した理由のひとつに「ゲームとか、趣味とかも一緒やったんで、(恋愛関係というよりは)親友に近かった」と告白した。

「離婚から半年以上たっても矢口さんの近況が分からない今、まだまだ彼には“離婚ネタ”の需要があります。最初は本人も嫌がっていましたが、事務所に『これはチャンスなんだから』と説得され、今では吹っ切って話をしているようです」(テレビ局関係者)

 ある番組で「気になる人がいる」と発言したり、以前よりも表情が明るくなったことは間違いない。

「収録が終わったあとでも、『ホント、誰かいい人いませんかね? あ、不倫しない人で』とか言って周囲を笑わせるなど、彼の好感度は上がっていますよ。やっぱり大阪出身ということで、何がウケるか分かっているのは大きいですね。本人は最近、バラエティからドラマや映画にシフトしている上地雄輔さんのようなポジションを狙っているみたいですよ」(バラエティスタッフ)

 ポスト“上地”は、中村で決まり!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング