独走の『ごちそうさん』、ガッキー投入の『S -最後の警官-』、泣けなかった『明日ママ』……「冬ドラマ」総まとめ

日刊サイゾー / 2014年3月26日 0時0分

写真

 今月、続々と最終回を迎えた1月クールの冬ドラマ。前クールでは『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)や、『リーガルハイ』(フジテレビ系)が視聴率20%超えの大ヒットを記録したが、今クールは果たして……? 全話平均視聴率をランキング形式で振り返ります。


■独走の『ごちそうさん』、安定の20%超え!

 まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1位『ごちそうさん』(NHK、1月~3月22日放送分から算出)22.6%
2位『相棒 season12』(テレビ朝日系、1月以降の放送分から算出)16.9%
3位『S -最後の警官-』(TBS系)14.2%
4位『緊急取調室』(テレビ朝日系)12.9%
5位『明日、ママがいない』(日本テレビ系)12.9%
6位『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)12.3%
7位『医龍4』(フジテレビ系)12.1%
8位『科捜研の女』(テレビ朝日系、1月以降の放送分から算出)11.9%
9位『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(フジテレビ系)11.4%
10位『戦力外捜査官』(日本テレビ系)11.2%


 トップはいわずもがな、杏主演のNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』。昨年10月には、平均視聴率27.3%まで上昇。今月13日放送分でも25.3%を記録し、安定の“20%超え”を誇っている。なお、最終回は今月29日放送。『あまちゃん』(全話平均20.6%)超えは確実だろう。

 『ごちそうさん』といえば、NHKの子会社による関連グッズビジネスにも注目したい。本類は、『ごちそうさんメモリアルブック』(NHKサービスセンター)のほか、小説版・上下巻、公式ガイドブック2冊(共にNHK出版)を発売。さらにNHKエンタープライズのオンラインショップで販売されている「ごちそうさん Tシャツ」や「ごちそうさん エプロン」も、売り切れ続出の人気商品となっている。昨年、『あまちゃん』の版権ビジネスで数十億円の利益を上げたといわれるNHK関連会社。『ごちそうさん』効果も上々といえそうだ。

 しかしNHKは、“受信料ギリギリで成り立っている”という姿勢を崩せないため、これらの売り上げをNHKにそのまま還元せず、別のところで山分けしているとか……。

■人気衰えぬ『相棒』、ガッキー投入が遅れた『S -最後の警官-』

 2位は、19日に放送された最終回2時間スペシャルが平均視聴率19.6%と、前回から4.4%も上昇した『相棒 season12』。来月26日には、劇場版最新作『相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』が公開。先日開かれた『season12』の打ち上げで、配給である東映の社長が「『相棒』が終わったら、東映は潰れちゃいますよ!」と、冗談交じりに挨拶していたそうだが、昨年の東映映画の興収を見ると、あながちウソではなさそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング