中性的な相手と不倫も!? ミポリンとの離婚を渋る辻仁成の「衝撃女装写真」が流出寸前か

日刊サイゾー / 2014年4月2日 11時0分

写真

 女優・中山美穂と芥川賞作家・辻仁成の離婚騒動が過熱化している。離婚原因に挙げられているのは、辻の容姿の変化。かつてワイルドだった外見が、ここ数年で一気に“女性らしく”なってしまったのだ。

 音楽関係者によると、2008年に辻がロックバンド「ZAMZA」を結成したあたりから、辻は美の追求に目覚めたという。

「ビジュアル系寄りのロックバンド。辻さんは髪を伸ばし、エステ店に通い、15キロのダイエットを敢行した。目も少しイジったそうですよ」(同)

 これについては、辻自身も「時代は絶対、中性ですよ。めちゃかっこい中性的なおじいさんを目指します」と話している。

 外見的な変化だけではない。性的な嗜好も激変したという。

 辻を知る人物は「いわゆる女装子になったんです。自分の女装した写真を、その手の人に送ることもあったとか。中山さんがこうした夫の変化に『ついていけない』と、ドン引きしたと思われます」と話す。

 3月31日放送の読売テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』では、芸能リポーターの井上公造が辻の女装癖に加え、同様の趣味を持つ福岡在住の“恋人”の存在をにおわせた。

「要するに、辻さんが同じ中性的な相手と不倫していたと言いたいわけです。まぁ、井上さんは中山さんサイドに近いので、こうした辻さんのネガティブ情報を流すことで『そりゃあ離婚して当然だよね』という空気を作ろうと考えているのでしょう」(ワイドショー関係者)

 中山サイドは、辻の女装&性癖証言を武器に、離婚騒動の主導権を握ろうと考えているという。週刊誌デスクの話。

「辻さんの女装写真が出回るのは時間の問題。もしかしたら、それ以上のヤバイ写真が飛び出す可能性もある。中山さんの離婚の意志は固く、たとえ辻さんが渋ったとしても『押し切れる』と考えているようです」

 すでにシナリオは出来上がっており、たとえ長期化しても「離婚」という結末は変わらないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング