「ネタなのかマジなのか……」“自称”ひろゆき登場で、2ch転載禁止騒動が新たな局面へ

日刊サイゾー / 2014年4月8日 16時0分

写真

ヲタ系ITライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近、ネットで話題になったいろいろな出来事について語るコーナーです。


■4月1日は、ネット全体がエイプリルフールネタで大盛り上がり

ITライター・Dr.T 春ですな~花粉の季節ですな~。

新米編集者・アキ いきなりうれしそうな顔で、嫌なこと言わないでくださいよ……Dr.Tは元気そうですね……。

Dr.T 僕は春になるといつも、鼻毛が伸びるスピードが3倍になるよう自己暗示をかけているからね!

アキ キモい!

Dr.T ……そのツッコミは愛を感じないからやめて。さぁ、そんなこんなで4月。4月といえばエイプリルフールだよ。

アキ ウソをついてもいい日ですよね。でも学生ならともかく、社会人には関係なくないですか?

Dr.T いやいや、リアル社会はそうかもしれないけど、ネットの世界は毎年エイプリルフールネタで大盛り上がりしているんだよ。特に近年増えているのは、企業同士がコラボレーションするネタだね。たとえば、auはデアゴスティーニとコラボして「週刊『スマホを作る』を創刊」というネタを実施。スマホの部品が毎号ひとつずつ届いて、10年で完成するんだってさ。

アキ 面白いですね! でもデアゴスティーニって、たまにエイプリルフール並みの付録をつけてくるような……。

Dr.T ま、まあそこはおいといて。ほかにもリクルートの求人誌「フロム・エー」は、何かと話題のファッション誌「メンズナックル」(ミリオン出版)をパロった「パン田ナックル」を創刊! メンズナックルといえば「黒」に関するファッションが中心なので、そこをフロム・エーのCMでおなじみのパンダと組み合わせた形だね。ほら、パンダといえば白と黒だし。

アキ ものすごく細いつながりですね……。

Dr.T ほかにも、女性用TENGAの「iroha」が昨年に引き続き今年も和菓子屋の「倉田屋」とコラボしたり、「週刊少年ジャンプ」(集英社)が「セブンティーン」(同)をパロって「週刊ジャンプティーン」になったり、全部見ていたら一日終わってしまうくらいのネタが各企業からわんさか、4月1日限定でリリースされたんだ。アキちゃんが好きなBL出版社のリブレ出版も、最強の攻めキャラを決める「BL-1 GRAND PRIX 2014」を開催していたよ。

アキ わー! それは見たかった……。にしても、なんかエイプリルフールって、すっかりネットのお祭りになっちゃいましたね。別に儲かるわけでもないのにサイトを作り込んだりしてお金もかかっているみたいだし、なんでそんなに必死なんですか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング