「ぐちゅぐちゅした傷口に……」釈由美子の生々しい意味深発言に“かまってちゃん”“事務所トラブル!?”の声

日刊サイゾー / 2014年4月8日 17時30分

写真

 女優の釈由美子(35)が7日夜、自身のブログで「これまで築き上げた信頼や軌跡が、ガラガラと崩れ落ちていく音が聞こえます」などと意味深な内容を綴り、話題となっている。

 先月31日からこの日まで、ドラマの撮影をしていたという釈。クランクイン前日に「まさかの衝撃的な事実が発覚」したといい、「茫然自失のまま」ロケ地である広島へ。

 撮影中は役に集中し、明るく振る舞っていたというが、「部屋に帰ってから獣のように我を忘れて泣いてしまい 腫れた目を氷で冷やして寝ないで、また現場に向かいました」と、壮絶な撮影の日々を振り返っている。

 また撮影を終え、これから現実に向き合わなければいけない状況について、「まだ、かさぶたも出来てないぐちゅぐちゅした傷口に 応急処置で貼り付けた絆創膏を 無理やり剥がす痛みは、覚悟しないとね」「明日から、どうなっちゃうんだろうね」と生々しく綴った。

 釈といえば、5日にも「ふとした瞬間に放心状態になります」「もう誰を何を信じていいのかわからなくなって 人間不信になりそうです」などと意味深なブログを投稿し、ファンから励ましのコメントが相次いでいた。

 さらに、「これが、恋愛でしくじったとかフラれたとかの、色恋沙汰なら とほほ。またか…( ´д`ll)で、やけ酒呑んでやり過ごせるんだけど 今回は、そんなのとは次元が違う。イチバンあっては、ならないこと」と伝えていることから、どうやら恋愛トラブルではなさそうだ。

 これにネット上では、「釈ちゃんが、またメンヘラ期に入ってしまった」「かまってちゃんだな」「昔から危なっかしかったよね、この人」といった声が上がっている。

「ブログを見る限り、所属事務所とのトラブルである線が濃厚とみられています。釈といえば、“小さいおじさん”という妖精との突飛なエピソードを長年メディアで披露し続けており、かまってちゃんのイメージが強い。また、かつてセフレ関係にあったGACKTに依存していたことや、整形依存症疑惑などからも、精神的に不安定な印象も。ブログのコメント欄には、ファンらしき人々からの励ましコメントが数百件確認できますが、一方、Twitterなどでは、『また、かまってちゃんか』という冷めた反応が多いようですね」(芸能ライター)

 以前には、摂食障害や醜形恐怖症など、次々と心の病気であることを告白し、話題となった釈。マネジャーは、釈の精神状態についてブログで初めて知ることも多いというが、元気な釈は戻ってくるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング