「財布を布団に寝かせている」“資産数百億円”松居一代の神髄を、岡本夏生がばっさり

日刊サイゾー / 2014年4月10日 17時30分

写真

 女優でタレントの松居一代が8日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)で資産家となった真髄を明かした。

 松居といえば、1979年に深夜ワイドショー『11PM』(よみうりテレビ)のカバーガールとして芸能界デビューし、以降、映画『マルサの女』『肉体の門』などに出演。

 近年は、「マツイ棒」や「マツイ洗剤」といった掃除グッズのほか、圧力鍋「マジッククッキング」や、健康靴「ファンタジーシューズ」、高さが調節できる枕「マジカル枕」など22点の商品を開発し、ほとんどが大ヒット。そのロイヤリティーの一部を投資し、百億円単位の資産を持っていると公言している。

「3月に一部週刊誌が報じた“資産10億円”という記事に対し、松居さんは今月2日にブログで『資産たった10億円だったら悲しすぎでしょう?』と反論。資産は実に数百億単位であることをあっけらかんと公表し、世間に衝撃を与えました」(芸能ライター)

 『5時に夢中!』で松居は、お金の考え方について「眠らせとくと羽根がなくなっちゃうんですよ。いつか飛ぶことを忘れて、じっとしたお金になっちゃう。これはとっても悲しいわけです。もっともっと羽ばたかせて、豊かにしていくことが必要」と、お金は貯めるだけでなく動かすことが大切であると力説。

 また、20代の頃から風水を勉強しているという松居は、金運を上げるために財布をこまめに交換しているといい、新しい財布を購入するために毎回、吉方にある国まで出向いているとか。昨年はシンガポールで交換。その前には、ニュージーランドのオークランドから車を3時間走らせた場所まで、わざわざ足を運んだそうだ。

 さらに驚くことに、松居は財布を専用の布団に寝かせているといい、その理由を「私たちも外に出ると疲れるように、お財布も疲れる。夜は休ませて、翌日の鋭気を養うために、お財布にお布団があるんです」とした。

 これらの考え方に、コメンテーターの北斗晶は、「松居さんは、新聞配達の人にもお年玉をあげてる。(自分との)器の違いを感じた」と肯定的。一方、岡本夏生は、「松居さんがお財布を寝かせた時に、いよいよ頭がおかしくなってしまったのかな? と思いましたよ」とコメントした。

「松居さんは熱心な風水学の実践者で、海外で財布を変えるだけでなく、昨年4月から11月には、『エネルギーにあやかりたい』とシンガポールに長期滞在。海辺の高層マンションに住み、貿易会社を設立したとか。また、松居さんはこれまで、世界最大級のテレビショッピングチャンネル・QVCの生放送で、たびたびプロデュース商品を紹介。放送中に商品が飛ぶように売れたようですが、彼女の次の目標は、米国でのテレビショッピングに進出すること。日本のみならず、世界のマーケットを視野に入れているようです」(同)

 風水パワーでビジネスを成功させた松居。今後、彼女の資産はどこまで膨れ上がるのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング