中山美穂“ブチ切れ”報道の違和感──なぜ、バーニングは記事を「止めなかった」のか

日刊サイゾー / 2014年4月15日 11時0分

写真

 女優・中山美穂がブチ切れた! 10日、生活拠点のフランス・パリから一時帰国し、夫で作家の辻仁成と離婚協議中と報じられて以来、初めて報道陣の前に姿を現した。羽田空港に到着した中山には報道陣から「離婚は本当?」「辻さんの舞台は見る?」などと矢継ぎ早に質問が飛んだが、ノーコメント。「辻さんと会う予定は?」という質問にのみ「はい、あります」と応じた。

 事件が起きたのは、その直後。

 到着ロビーで写真撮影するカメラマンに対して、鬼のような形相で「やめてもらえますか!」とブチ切れたのだ。

 一部では「カメラマンが執拗に中山を追い掛け回した」という報道もあったが、取材した記者によると「現場には、芸能界のドンが率いるバーニングプロダクションの“番頭”もいた。彼が目を光らせている限り、マスコミ側のマナー違反はありえない。彼女が“やらかした”だけですよ」という。

 スポーツ紙デスクも補足する。

「彼女は昔からマスコミ嫌いで有名。囲み取材を行ったのも、先日のCM発表の場の1回だけ。今回ブチ切れたのを見て、扱いづらい人だなという印象を受けた」

 翌日のスポーツ紙やワイドショーで、“激怒事件”は大々的に伝えられた。テレビ関係者いわく「バーニングは、あえて止めることはしなった。それは彼女に『マスコミとうまく付き合わないと、こうなるよ』と教える意味もあったようだ」。

 とはいえ、これだけ気性の荒い中山だけに、辻との離婚協議は波乱含みだ。前出のスポーツ紙デスクは「辻さんも個性的な方。一連の離婚報道に彼が不信感を抱いているという情報もあるし、お互いに子どもの親権を主張しているとも……。最悪、沢尻エリカさんと高城剛さんのように、大揉めする可能性もある」と話す。

 事はすんなりと運びそうにない。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング