「一体、CDを何枚買わせる気だ……」橋本環奈・Rev. from DVLの“ハイタッチ商法”に批判殺到

日刊サイゾー / 2014年4月17日 20時30分

写真

 「天使すぎるアイドル」こと橋本環奈(15)がセンターを務める福岡の13人組アイドルグループ・Rev. from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)が、メジャーデビューシングル「LOVE-arigatou-」(よしもとアール・アンド・シー/YM3D)を16日に発売。CD購入者を対象とした「ハイタッチ会」に、ファンから不満の声が相次いでいる。

「吉本興業によるバックアップの元、メジャーデビューを果たした同グループですが、デビューシングルは“ハイタッチ会参加券”付きの通常版2種のほか、“個別ハイタッチ券”“個別握手券”“生写真”のいずれかが封入されているWEB盤6種の計8形態。ハイタッチ券には、ランダムでメンバーの名前が書かれており、メンバー1人とハイタッチができるルールとなっています」(芸能ライター)

 ハイタッチ会イベントは、15日に福岡でスタート。16・17日は都内、18日は福岡、19日は大阪で開催される。

 ネット上には、「橋本環奈とハイタッチしたくてCD買ったら、まさかのランダムだった……」「何枚買えば、環奈ちゃんのハイタッチ券が出るのかな(泣)」「ハイタッチを抽選にして、橋本が出るまでCDを買わせるとか、さすがに狂ってるだろ」「AKB48劇場公演だって、ライブ後に全員とハイタッチできるのに……」といった不満の声が漏れている。

「イベントに集まる客のほとんどが、橋本目当て。どうしても橋本と接触したいヲタは、CDを何十枚も購入しているようですが、お小遣いが限られている若いファンはそうもいかない。思い入れのないメンバーとハイタッチをして、落胆して帰っていく中高生も少なくありません。特典商法でCDを複数買いさせる戦略は否定できませんが、アイドルヲタの間では、吉本の売り方に不満が噴出しています」(同)

 華々しいデビューを飾るはずが、思わぬ悪評が立ってしまったRev. from DVL。アイドル界では通例となっている“特典商法”も、度を過ぎると今回のような事態となってしまうようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング