韓流ブーム終了後も動員衰えないリュ・シウォン「本国ではブラック芸能人そのもの」

日刊サイゾー / 2014年4月18日 11時0分

写真

 第一次韓流ブーム時、ぺ・ヨンジュンらと共に人気を博した俳優のリュ・シウォンが、日本デビュー10周年を記念するファンミーティングを行った。3月31日と4月2日の両日、それぞれ神奈川県横須賀市と兵庫県神戸市で開催されたイベントには、8,000人ものファンが集結。第一次ブームが去って約10年がたつが、これほどの動員力を誇るのは、さすがに“腐っても鯛”といったところか。

「ファンミーティングは1日に2回、計4回行われたので、実際には1回につき2,000人の動員なんですけどね。それでもチケットは瞬時に全席売り切れたそうで、ブームが終わった中、さすがの動員力です。リュ・シウォンのファンは50代以上の女性ファンが圧倒的に多いので、人気もそれだけ根強いものがあるのでしょう」(韓流エンタメ誌編集者)

 リュは両班(ヤンバン、日本でいうところの貴族)の出であることから、上品さやクリーンさを売りにした好青年キャラで日本のオバサマたちを熱狂させたが、韓国でのイメージは“ブラック芸能人”そのもの。

「1995年にひき逃げによる死亡事件を起こしたにもかかわらず、名門のコネを利用して罪を逃れた上に、反省の色もなく趣味のカーレースに興じていたことが韓国で大バッシングを受け、たまらず日本へ逃げ出したんです。ほとぼりが冷めるまで韓流ブームに沸く日本で芸能活動を行っていましたが、ブーム終了後は帰国して司会業を中心に活動していました。しかし、その後も主演ドラマのドタキャンや離婚訴訟など、トラブルが相次いでいる始末。そんなリュのブラックぶりを決定付けたのが昨年、妻を脅迫・暴行した容疑で700万ウォン(約70万円)の罰金刑を宣告されたこと。リュは上告していますが、妻のクルマにGPSを取り付けて位置情報を収集したり、ヤクザを引き合いに出して脅したりするなど、かなり悪質だったようです」(同)

 その妻との離婚訴訟は現在も継続中で、その過程でリュの度重なる浮気が明らかになるなど、泥沼の様相を呈している。そんなこともあってか、イベントではファンを前に「過去数年間は個人的につらい時間を過ごしています」と漏らし、涙する場面も見られた。

「『自分を信じて待っていてほしい』『必ず困難を克服して、皆さんの前に再び堂々と立つことをお約束します』などと語っていたそうですが、韓流ブームが終わった今、リュが帰ってくる場所なんて日本にもなくなりそうですけどね」(同)

 名門の出で芸能人であるという特権意識にあぐらをかいていては、早晩、日本のオバサマたちにも見捨てられてしまうかも?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング