釈由美子「もう誰を何を信じていいのか」不規則ブログ発言の原因は、やっぱりGACKTだった!?

日刊サイゾー / 2014年4月19日 12時0分

写真

 映画『相棒‐劇場版3-巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』のレッドカーペットイベントが13日、六本木ヒルズアリーナで行われた。

 水谷豊や成宮寛貴ら13人のキャストが登場する中、一際目立っていたのは、劇場版ゲストの釈由美子。右肩を大胆に露出した真っ赤なロングドレスで、レッドカーペットを優雅に闊歩した。


「彼女の役は元自衛隊員で、アクションシーンが満載です。普段から古武術などを習っている彼女としては、アクションシーンが多くて満足だったようで、演技の評判も上々でした」(芸能事務所関係者)

 そんな釈といえば、最近、自身のブログで意味深な発言をしたことで周囲の心配を呼んでいた。

「突然、『もう誰を何を信じていいのかわからなくなって人間不信になりそうです』なんていうので、一体何があったんだって、マスコミ各社が動いたそうです。ちょうどそのころ、以前愛人報道があったGACKTの前所属事務所社長が脱税で逮捕されたので、それ関連ではないかというのが大方の見解でしたね」(週刊誌記者)

 この事件については、GACKT本人も現在の所属事務所社長も「本人には一切関係がない」とコメントを出したが……。

「仮にそうだとしても、彼にはこれまでもキナ臭い話がたくさんありましたからね。釈さんもさすがに愛想が尽きたのか、親しい人には『もう(GACKTのことは)大丈夫だから』と話していたとか。『相棒』の評判も良かったようですし、今後は“肉体派女優”としてやっていくことを決心したのかもしれませんね。彼女くらい知名度があって、アクションをこなせる女優さんは少ないですからね。需要はあると思いますよ」(テレビ局関係者)

 ドラマ『スカイハイ』(テレビ朝日系)の当たり役から11年。次はアクション物でヒットを狙えそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング