「ゴリ押しも空しく……」韓流ミュージカルシアター、わずか1年で閉館の裏側

日刊サイゾー / 2014年4月22日 13時0分

写真

 サザンオールスターズや福山雅治らの所属事務所、アミューズが運営する“韓流ミュージカル劇場”がオープンからわずか1年で閉館することとなった。

 この劇場、「アミューズ・ミュージカルシアター」は、アミューズの大里洋吉会長の肝いりで昨年4月、東京・六本木にオープンした。“韓流ミュージカル”と呼ばれる、韓国のミュージカルを中心に上演する専用劇場だった。

「大里会長は『シュリ』や『JSA』『猟奇的な彼女』といった韓国映画を日本で大ヒットさせた、韓流ブームの立役者的な存在。K-POPの次は韓国ミュージカルだと先読みしてのことなのですが、さすがのブームもミュージカルに波及するまでに至らず、韓流人気の凋落や日韓関係の悪化などで、見込みが外れてしまった」(韓流エンタメ誌編集者)

 昨年には、アミューズは同シアターへの“テコ入れ策”として、福山雅治主演の月9ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)に、KARAのハラをゴリ押し出演させたのではないか、とネット上で批判を浴びた。

「『ガリレオ』は20%を超える高視聴率ドラマだったので、K-POPブームが凋落傾向にあった当時、ハラを出演させるメリットはありませんでした。つまり、人気ドラマにK-POPグループのメンバーを露出させてブームの凋落に歯止めをかけ、なんとか劇場に観客を呼び寄せようと考えたのではないでしょうか。ゴリ押しと指摘されても仕方ありませんね。今回の閉館は劇場使用契約の満了に伴うものとされていますが、こうした状況を踏まえれば、劇場の運営が不振だったのは明らか」(同)

 韓流ブームという“偽りの人気”に踊らされた代償というべきか。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング