父の法要日にも29回更新の“ブログ中毒”市川海老蔵は大丈夫か「月間360万円ほど……」

日刊サイゾー / 2014年4月30日 11時0分

写真

 多くの芸能人・著名人がブログを開設する「Ameba」だが、歌舞伎俳優の市川海老蔵がブログのCMに出演することになり、今月16日、京都市内で会見を行った。海老蔵は昨年4月9日にブログを開設し、たちまち総アクセス数が1位に。初代「MVB(モスト・バリュアブル・ブロガー)」に認定された。

 海老蔵の投稿数は6,000超とすさまじいペースだったが、MVBに認定されてさらにハマったのか、大事な行事のある日も頻繁にブログを更新した。

「いまや海老蔵はスマホを手放さず、自分が出席する会見やイベントでは頻繁に携帯カメラで自分や集まった報道陣を撮影しまくっている。26日には、市川家に縁が深い成田山新勝寺で父・市川團十郎の一周忌法要を行い喪主を務めたが、その日だけでなんと29回もブログを更新。法要の最中の写真や、帰宅後のトレーニング中の写真、さらには前日『バイキング』(フジテレビ系)で号泣した義理の姉・小林麻耶のブログに絡んだり、なかなかネタは豊富だった」(芸能デスク)

 翌日のブログには海老蔵宅を訪れた、渦中の人・麻耶も登場。麻耶のブログも“号泣事件”でアクセスが急上昇し、アクセスランキングでトップ10入りしたが、海老蔵がここまでブログにのめり込んだのにはそれなりに理由があったようだ。

「『Ameba』は公にしていないが、同社のブログはアクセスランキング上位の芸能人にはアクセス数に応じてギャラを支払うことで知られている。そのため、ブログだけで食えている芸能人も多いが、月間アクセス数が億単位の海老蔵には月360万円ほど支払われているようだ。おまけに、CMにも出演しているから、Amebaだけで相当の稼ぎになった。歌舞伎の1カ月公演で海老蔵クラスだと600万円ほどだというから、ブログを更新するだけでギャラがもらえるのは割のいい仕事。ブログにのめり込んだおかげで、飲みに行く回数は減ったようだが」(週刊誌記者)

 MVBとなり殿堂入りした海老蔵だが、立派な“副業”として成り立っているだけに、当分、ブログ熱は冷めないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング