エベレスト登頂継続→断念のイモトアヤコ、ここまでがシナリオ通りだった!?

日刊サイゾー / 2014年4月30日 13時0分

写真

 日本テレビは28日、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』の企画で、タレントのイモトアヤコが目指していた世界最高峰エベレスト(8,848メートル)の登頂を断念すると発表した。

 18日に13人が死亡する雪崩事故が発生し、協力し合う予定だった各国の登山隊が撤退を決めたため、登頂が困難になった。同局の大久保好男社長は定例会見で「各国の登山隊の動向を情報収集し分析した結果、アタックを断念すると決めた。適切な判断だと思っている」とコメント。18日の死亡事故後、一度は登頂継続を宣言していたが、わずか数日で撤回することとなった。

 これに、テレビ関係者は「“うまいな~”といった印象。おそらく事故後すぐに登頂が危ういことはわかっていたはず。にもかかわらず継続を宣言したことで、大きな話題となった。ここまでがシナリオとみられてもおかしくありません」と話す。

 イモトを含む総勢16人の『イッテQ』チームは現在、エベレスト近くの約6,500メートルの山「メラ・ピーク」で高地順応のトレーニング中。イモトには28日にベースキャンプに戻ったところで、決定が伝えられたという。

 8日に日本を出発し、現地の様子などをたびたびTwitterでつぶやいているイモトだが、断念決定の経緯や、決定を伝えられた際の詳細はまだ語っていない。

「それは番組内でということでしょう。彼女が真剣に登頂を目指していたことは事実だし、それがなくなったことで相当ショックを受けていることは容易に想像できる。その姿を番組で初公開することで、高視聴率を狙えると考えているのではないか」(テレビ関係者)

 よくも悪くも、テレビ局は視聴率至上主義。イモトにとっては断腸の思いだろうが、結果的にそれが数字に結びつけば“御の字”といったところだろう。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング