「STAP論文再調査せず」で理研退社濃厚の小保方晴子氏、海外移住を計画か!?

日刊サイゾー / 2014年5月9日 16時0分

写真

 STAP細胞論文問題について、理化学研究所の調査委員会は8日、小保方晴子・理研研究ユニットリーダーが求めていた再調査をしないことを決め、論文不正が確定した。

 調査委員会は、小保方氏側の反論をことごとく退け、「悪意(故意)があったことは明らか」と認定。これに小保方氏サイドは猛反発。代理人の三木秀夫弁護士は「結論ありきで、とうてい承服できない。論文は取り下げない」と強い口調で語った。

 理研は同日中に懲罰委員会を設置。数日以内に小保方氏の処分が決まるが、退社を余儀なくされることになれば、地位保全を求めて小保方氏側が民事訴訟を起こすこともある。

 当の小保方氏は調査委員会の決定を聞き、しばし絶句。同弁護士によると「何を言っても通らないのだと、絶望感に打ちひしがれている」そうで、「世に出したばかりの研究を引きずり下ろされるようなことがあっていいのか、日本に居ていいのか」という趣旨の発言もしたという。

 小保方氏の今後について、ある関係者は「理研という巨大組織を相手に訴訟を起こせば、時間も費用もかかる。その間、彼女は理研との雇用契約が有効となるので、別の機関で研究することもできない。そう考えると、泥沼の訴訟合戦になる可能性は低いのでは。彼女の元には米国や中国からオファーが届いているそうで、『日本に居ていいのか』の言葉通り、日本を離れて海外の機関で研究職に就く気なのだろう」と話す。

 今回の一件で、小保方氏は日本全国で知られる存在になった。今後、街を歩けば「STAP細胞はありますか?」などと茶化されることは確実。別の関係者によると「現在、彼女は精神的にひどく落ち込んでいて、対人恐怖症になっている。日本に落ち着ける場所はなく、海外に移住すると思う」と語る。

 STAP細胞の生成について、「私しか知らないコツがある」と断言した小保方氏。その「コツ」とともに、貴重なキャラクターの小保方氏が“海外流出”してしまうのは、もったいない気もするが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング