柏木由紀は8位、渡辺美優紀は選抜落ち!? AKB48選抜総選挙・公式ガイド本の順位予想が話題

日刊サイゾー / 2014年5月14日 20時30分

写真

 6月7日に開票が行われる「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」の公式ムック本「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」(講談社)が14日に発売となり、同誌の順位予想が話題となっている。

 同ガイドブックは毎年、週刊誌「FRIDAY」編集部が制作。今年は発売前から、表紙のセンターをNMB48・山本彩が務めていることが話題となっていたが、本が発売されると、表紙の16人が順位予想の上位者であることが判明した。

 同誌取材班が、劇場でのパフォーマンスや握手会での対応、メディア露出、グッズ売り上げ、現場スタッフからのヒアリングなどから導き出した予想は、1位・山本、2位・指原莉乃、3位・渡辺麻友、4位・高橋みなみ、5位・島崎遥香、6位・小嶋陽菜、7位・松井珠理奈、8位・柏木由紀、9位・川栄李奈、10位・須田亜香里、11位・松井玲奈、12位・生駒里奈、13位・小嶋真子、14位・横山由依、15位・宮脇咲良、16位・白間美瑠となっている。

「あくまでも編集部の予想ではありますが、この順位を見たことで闘争心に火がつき、投票券付きCDを追加購入するファンも少なくないでしょう。また一部では、運営が今後、押していきたいメンバーの順位であるという臆測も。ファンの間では、NMB48で山本と共にダブルセンターを務める渡辺美優紀が表紙メンバーに入らなかったことや、前回4位だった柏木や、前回10位の宮澤佐江の順位が下がっていることなどが話題に上っている。ちなみに、柏木本人もインタビューの中で、8位の予想に対し『ひどい! 納得いきません』とコメントしています」(芸能ライター)

 また同誌には、6月に卒業を控える大島優子のラストインタビューも掲載。情報番組『バイキング』(フジテレビ系)にレギュラー出演中の山本をテレビで見たという大島は、「彼女がまったく一言もしゃべってなくて、最後のエンドロール中に共演者さんから『さや姉、何か最後に言って』って振ってもらった。それでも言えなくて……。思わず私、テレビの前で『何かいいなよ、なんでもいいんだから!』て怒っちゃいました」と話し、「アイドルとしてもう一段上に行きたいと望んでいるのなら、彼女に足りないのは“愛嬌”だけ」と、後輩にアドバイス。さらに、3位予想の渡辺について「一度でいいから、1位を獲らせてあげたい。あの景色を見せてあげたい」と語っている。

 過去最多となる296人のメンバーが立候補している、6回目の選抜総選挙。はたして、今回の予想は当たっているだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング