「神番組!? 悪趣味!?」AKB48のねるとんバラエティ『恋愛総選挙』は、一体誰に向けた番組なのか

日刊サイゾー / 2014年5月16日 0時0分

写真

 4月にスタートしたAKB48の恋愛バラエティ番組『恋愛総選挙』(フジテレビ系)に、視聴者から賛否が飛び交っている。

 MCのHKT48・指原莉乃、土田晃之のほか、4人のAKB48メンバーが出演。毎回、同番組で“ラビットパーティー”と呼称される素人同士の“ねるとんパーティー”のVTRを見ながら、スタジオのメンバーがトークを展開する。

 さらに、番組中にAKB48メンバーが、恋愛観や自身の恋愛テクニックを語ることも多く、そのたびにネット上で話題に。やきもきさせられるファンも少なくないようだ。

「以前、番組内で『恋人にしたい男性の職業』がテーマとなり、横山由依が『お笑い芸人』、北原里英が『バンドマン』と答えると、ショックを受けるファンが続出。ネット上では『もう、この番組見るのが怖くなった』『衝撃がでかすぎる』といった声が見られた」(芸能ライター)

 確かに、ネット上では「メンバーの楽屋感が楽しい」「推しメンの素の部分が見られてうれしい」「これまでのAKB48の番組と違うから新鮮」「神番組」といった好意的な意見が上がる一方で、「誰のための番組なのか分からない」「ファン以外、誰が見るんだ」という声も少なくない。

 また、恋愛スキャンダルで知られる指原や峯岸みなみに「男性へのアタックの仕方」を語らせたり、川栄李奈がすぐにアプローチしそうな男性に対し「すぐイッちゃいそう」とコメントした際には、そのままテロップ表示をしたりと、作為的な部分も見え隠れする内容に対し、「悪趣味」「下品」「炎上目的?」という反応も。

「ドルヲタなのか、それとも女子中高生なのか、一体誰に向けた内容なのか非常に分かりづらい。VTRは、同局の『テラスハウス』や、『グータンヌーボ』のようなオシャレな雰囲気を彷彿とさせるものの、素人参加者たちのキャラ説明もほぼないまま、雑にねるとんが進んでいく。進行役のタレントもおらず、ねるとん企画のVTRとしてはかなりお粗末です。番組側としては、VTRはAKB48メンバーの際どいコメントを引き出すための“ダシ”にすぎないのでしょうね」(同)

 メンバーによる恋愛トークが話題の同番組。AKB48が、堂々と彼氏の話をぶっちゃける日も近い!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング