芸人が選ぶ“天才”芸人・三四郎が漫才のオチに「ピー!」を入れるワケ

日刊サイゾー / 2014年5月26日 16時0分

写真

 いま最も勢いに乗っている若手芸人・三四郎。『ゴッドタン』(テレビ東京系)では「若手芸人が選ぶ天才芸人1位」として紹介され、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などにも出演。すぐに挙動不審になり、先輩芸人にも平気でかみつく小宮浩信の「生意気キャラ」も話題を呼んでいる。

 そんな彼らが5月28日、初めての撮り下ろしDVD『一九八三』をリリースする。独特のテンポで予測不能のボケが飛び出す彼らの漫才は、同業者の間でも評価が高い。順調に波に乗りつつあるこの状況で、彼らは自分たちの現状をどう捉えているのか?

――DVDに収録されたネタは、どういう基準で選んだんですか?

小宮浩信(以下、小宮) いろいろな漫才を見ていただきたいので、タイプの違うやつをたくさん入れました。

――DVDの中では、セリフに「ピー」音が入ってる箇所もいくつかありましたね。これだけピー音が入ってるお笑いDVDも珍しいですよね。

相田周二(以下、相田) 確かに、ピー多めですね(笑)。

――ネタの途中で「ピー」がたくさん入るというのは、ご本人たちとしてはどう思われますか?

小宮  まあ、そこで「何を言ってるのかな?」っていうのを気にしていただいて、ライブに足を運んでくれたらいいなと思いますね。

相田  「ピー多すぎだろ」っていうのがボケになってるような感じもあるので、そこを楽しんでもらいたいですね。オチなのにピーが入ってるところとか、面白いですよね(笑)。

――このDVDに収録されているネタの中で、特に好きなネタや印象に残るネタを教えていただけますか?

小宮  「桐島」とかは、あらためて見ても、笑えるか笑えないかすごく際どいラインかなと思いますね。これ、何やってるんだろう? って。やってる僕らもおかしいですけど、これで笑ってるお客さんもどうかしてると思いますね(笑)。

相田  僕は「DB」も好きなんですよね。僕らのネタってだいたい長くても6分くらいなんですけど、このネタは9分くらいやってる。アドリブみたいなところもありますし、遊びどころがいっぱいあるので、やってて楽しいですね。

――ネタは、どうやって作っているんですか?

小宮  まあ、プライベートでつらいことや嫌なことがあったりしたら、そのことを糧にして作るっていうことが多いですね。例えば「あるよ!」っていうネタはそうやって生まれました。決めつけてくる人って、たまにいるじゃないですか。そこから派生してネタになってるんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング