油断するとオッサンになる!? 椿姫彩菜がホリプロ退社したワケとは

日刊サイゾー / 2014年6月12日 9時0分

写真

 いわゆる“オネエ系タレント”の先駆けとしてテレビに登場し、その後2006年に性別適合手術を受けたモデルの椿姫彩菜が、所属事務所「ホリプロ」を退社したことを報告した。

 椿姫はTwitter上で「この度私椿姫彩菜は、五月いっぱいで、ホリプロを退社することになりました。クビでももめたわけでもなく円満です(笑)」とコメント。退社の理由については「これからの私を考えた時、自分をもう一回見つめ直そうと思いました。」と前向きに語り、今後はフリーで芸能活動を続けていくという。

 わざわざ「クビでももめたわけでもなく~」と書いているあたりが、逆に怪しいという声もあるが、関係者によると「契約更改の時に双方が話し合って退社ということになった。ホリプロは一部タレントのみが歩合制で、ほかは月給制。彼女クラスでは新入社員と大差ない額しかもらっていないと思う」と話す。今後の生活のためにホリプロを退社したとする見方が有力だ。

 一方で、こんな話もある。

「性別適合手術を受けたが、定期的にきちんとメンテナンスしないと“オッサン”に戻るらしい。ヒゲもまだ生えてくるようだ」(テレビ関係者)

 これが事実なら、ほかのタレントに比べてコストはかかる。芸能プロ幹部は「彼女は精神的にも弱い部分があり、体調を崩すことも多かったそうだ。だから、フリーになり、自分のペースで仕事ができたほうがいいと思う」と話す。

 フリーになった椿姫は早速Twitter上で「皆さんが期待すること、これからしてほしいこと、あったら今ぜひここでリプライお願いします!」とリクエスト。これに様々な意見が寄せられ、椿姫は「ニコ生とコスプレ集?は意見が多かったので早速ちょっと考えてみます!」「自分で決めて動ける身軽さ、ありやね!」とノリノリでツイートしている。

“オッサン化”した姿も見てみたい気もするが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング