徳間ジャパンに移籍の“トラウマテクノポップバンド”アーバンギャルド、ニューアルバム『鬱くしい国』で新境地に挑戦

日刊サイゾー / 2014年6月17日 19時0分

写真

 デビュー4年目を迎え、徳間ジャパンに移籍したアーバンギャルドが今月18日に3rdアルバム『鬱くしい国』をリリースする。

 2011年にユニバーサルJよりシングル「スカート革命」でメジャーデビュー。ガーリーかつ病的な世界観で10代の女性層を中心に支持を集めた彼ら。これまでに『メンタルヘルズ』『ガイガーカウンターカルチャー』の2枚のアルバムと、ベストアルバム『恋と革命とアーバンギャルド』を発表し、本作ではレーベルを移籍。新たなサポートメンバーを迎えて新境地に挑戦している。


──まずはニューアルバムのリリースおめでとうございます。徳間ジャパンに移籍して最初のアルバムですが、手応えはいかがでしょうか?

浜崎容子(Vocal 以下、浜崎) めちゃくちゃあります。今回初めて、レコーディングにディレクターが付きっきりで見てくださって、一曲のうちにたくさんのことをいろいろ試すことができました。録音のシステムとかレコーディングの環境とか、以前よりも上に行けたし、何よりよかったと思うのは、新しいナイフを取り出せたというか、アーバンギャルドの鋭さが新しい形で見えたことです。アーバンギャルドって、そっち行くのかなって思ったらこっちだったみたいな、そんな作品になっているんじゃないかなって思っています。

松永天馬(Vocal 以下、松永) 前作の『ガイガーカウンターカルチャー』は現代社会を網羅するようなアルバムだったんですけど、そこからさらに突き詰めて、丸ごと日本をテーマにしようと思ったんです。サウンド面ではバンド感を増しつつも、世界的に台頭してきているEDMや日本独自のボカロ、アイドルソングに対するアーバンギャルドからの回答のような作品になっています。バンドというものをベーシックに置きながら、いろんな音楽の遊び方をするスタンスは、インディーズで初めて出したアルバム『少女は二度死ぬ』(2008年)の頃に近いです。ある意味、それを今の自分たちの力でアップデートしたような作品になったと思います。

──今回、ユニバーサルJを離れて徳間ジャパンからのリリースになりましたが、レコード会社移籍の理由はなんだったんでしょうか?

松永 ちょうど、ユニバーサルJでベストアルバム(2013年6月)を出した時に、契約が一段落したんです。その後、いろいろな方に相談していく中で、徳間ジャパンさんにお願いしますということになりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング