ロングブレスの美木良介は“銭ゲバ”!? 「子どもの成績アップ」の売り文句に物議

日刊サイゾー / 2014年6月19日 20時30分

写真

 ダイエット、腰痛、冷え症、便秘などに効果があるという“ロングブレス”を考案し、メディアやスタジオで指導を行う美木良介が、今後は“子どもの成績アップ”をうたい始めたと、19日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 美木は所属事務所・サンミュージックブレーンを離れ、昨年4月に独立。同年5月には東京・赤坂に「ロングブレススタジオ」をオープンさせた。料金は入会金5万4,000円、レッスンチケットは10枚綴りで5万4,000円と高額ながらも、スタジオ公式サイトには「確実に減り続けて20kg減。顔はもう別人です」「腰の痛みを感じなくなりスポーツも楽しめるようになりました」など、多くの会員の“喜びの声”が見受けられる。

 また、ロングブレスの効果は大人だけではないようで、同サイトでは7~8月に開催予定の「夏のキッズ体験レッスン」を案内。そこには「成績アップ、メンタル安定、体幹力 こどもにもいいこといっぱいのロングブレス」と紹介されており、5~12歳を対象に、1時間3,000円の参加費で希望者を募っている。

「3秒で鼻から息を吸い、7秒かけて口から吐き出すという基本的なやり方は、大人も子どもも同じ。美木のスタジオでは、子ども向けレッスンを昨年から行っていますが、昨年は無料だったものの、今年から有料になったようです。以前、美木はインタビューで、当時小学5年生だった娘にロングブレスを教えた時のことを、『毎朝食前に続けたところ、1カ月後には腹筋が6つに割れて、成績が伸び、運動会でも1番が取れるようになりました』『引っ込み思案で人見知りだった娘が、学級委員に立候補するくらい積極的になった』と語っていました」(芸能ライター)

 そんな子ども向けロングブレスの効果について、「新潮」は美木本人を直撃。美木は「きちんとした呼吸をすると脳に酸素が送られて、脳の神経細胞が活性化して集中力がアップし、子どもたちの成績向上にもつながる」と説明しながらも、記者から「ロングブレスで成績がアップするという科学的な裏付けを取る義務がある」と指摘されると、「これで成績が向上するとは言っていない」と前言を撤回。さらに、大々的にうたっているのは、美木ではなく出版社だと主張した。

「美木といえば昨年5月、テレビ番組の企画でロングブレスダイエットに挑戦し、減量に成功したタレントの森久美子が、放送後に『呼吸で痩せたらノーベル賞だよね』『そんなに簡単に痩せませんから、、努力、努力ですよ!! 1週間の内800カロリー以下の日を1日~2日作るだけで、体に良いって本を読んでます』とブログに綴り、遠回しにロングブレスを否定したことで話題になりました。美木はブレーク以降、多くの支持者を集める一方で、DVDや関連書籍が売れて天狗になり、周囲に横柄な態度を取ることが多くなったといわれている。また、所属事務所に渡す金を惜しんで独立したともっぱらで、“銭ゲバ”というイメージも拭いきれない。そのため、子ども向けロングブレスについても悪評が立ってしまったようです」(同)

 “成績アップ”のうたい文句が物議を醸しているロングブレス。美木は、悪評を拭うほどの効果を示すことはできるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング