「ギリシャに勝たなくてよかった……」サッカーW杯、引き分けでGL突破の可能性が“ちょっと”アップ!?

日刊サイゾー / 2014年6月20日 23時0分

写真

 コートジボワール戦で敗北を喫し、日本のグループリーグ突破は2連勝が最低条件と目されていたザックJAPAN。迎えた第2戦、日本代表は退場者を出したギリシャを攻め切れず、スコアレスドローという結果に終わってしまった。

 しかし、冷静に考えてみると、勝っていても引き分けていても、あまり状況は変わっていないことに気づかされる。

 ここで、日本のグループリーグ突破の条件を確認しておきたい。日本が所属するグループCの勝ち点は、コロンビア6、コートジボワール3、日本1、ギリシャ1。

「日本が勝利、コートジボワールが敗北」
「日本が2点差以上で勝利、コートジボワールが引き分け」

 このどちらかとなる。

 だがもし、日本がギリシャに1対0で勝っていたとしよう。そうなると勝ち点は、コロンビア6、コートジボワール3、日本3、ギリシャ0。よって、日本の突破の条件は、

「日本が2点差以上で勝利、コートジボワールが1点差での勝利」
「日本が勝利、コートジボワールの引き分け、敗北」
「日本が引き分け、コートジボワールの敗北」

 となる。

 ほかにも、日本がコロンビア相手に3点差以上で勝つなど、可能性の薄いパターンもあるが、大きく分けるとこの3つ。つまり、日本対ギリシャ戦に関しては勝っていても引き分けていても、最終戦の日本の勝利はほぼ絶対的な条件であるということだ。

「日本はギリシャ戦が引き分けとなったおかげで、グループリーグ突破が決まったことでベストメンバーを休ませてくる可能性の高いコロンビアと対戦。一方、コートジボワールは死に物狂いのギリシャと闘うことになったんです。これがもし逆であったら、日本は敗退の可能性のある“本気の”コロンビアと対戦し、勝利が難しくなり、コートジボワールは敗退が決まりモチベーションの下がったギリシャとの対戦で、敗北の可能性が極端に減ってしまっていたんです。現在、日本全体に絶望ムードも漂っていますが、テレビの解説者としては『勝たなくてよかった』なんてなかなか言えないですから。苦境には違いありませんが、今日の結果を受けて必要以上に悲観的になることはないですよ」(スポーツライター)

 今の暗い日本のムードを、次こそは変えてくれることに期待したい。
(文=沢野奈津夫)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング