“宮根事務所”に移籍した田中みな実アナの背後に、故・川田亜子さんを“追い込んだ”X氏の影が……

日刊サイゾー / 2014年7月1日 11時0分

写真

 TBSの田中みな実アナウンサーが9月末で退社し、宮根誠司や羽鳥慎一らが所属する芸能事務所「テイクオフ」に移籍することになった。

 スクープした「週刊文春」(文藝春秋)によると、田中アナはここ数年、局内で完全に孤立し「もう殺伐とした世界に疲れた……」とこぼしていたという。

 この頃から田中アナが相談していたのが、テイクオフに所属するタレントの立花胡桃。彼女を通じて、田中アナは宮根に移籍話を相談、話がまとまったという。立花の夫は何かと“黒いウワサ”が付きまとう大手芸能プロ幹部のX氏。故・川田亜子さんが練炭自殺を図った際に「彼女を追い込んだと名指しされたのがX氏。最近では、日本人初のミス・インターナショナルに輝いた吉松育美さんにストーカーまがいの行為をしたと週刊誌で報じられました」(ワイドショー関係者)。

 X氏は宮根の所属する「テイクオフ」とも近く、妻の立花経由で田中アナの揺れ動く胸中を伝え聞き、口説き落としたといわれる。

「X氏は女子アナ好きで有名。これから田中アナの仕事のブッキング面で暗躍していくことでしょう。ただ、X氏は仕事を取ってきた対価として、時に“特別な関係”を相手に求めることがある。亡くなった川田さんがそうでした。田中アナに、その覚悟があるかどうか……」(テレビ関係者)

 田中アナは、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾と交際中。X氏が横ヤリを入れなければいいのだが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング