SMAP出演フジ『めちゃイケ』、テレ朝『関ジャニの仕分け∞』が惨敗……ジャニーズのバラエティは飽きられたのか?

日刊サイゾー / 2014年7月9日 0時0分

写真

 5日、SMAPがゲスト出演した『めちゃ2イケてるッ!郷に入っては郷に従え裸の2時間スペシャル』(フジテレビ系)の平均視聴率が9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。19.3%を叩き出した裏番組『世界一受けたい授業SP 外国人に聞いた!日本のスゴイ所ベスト50』(日本テレビ系)に大差をつけられていたことが分かった。

 この日の『めちゃイケ』では、ナインティナイン・岡村隆史のサバイバル生活企画を放送。さらに、ゲームコーナー「めちゃギントン」では、SMAPの中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛が登場。レギュラーメンバーとともに擬音を使ったゲームに参加し、コーナーを盛り上げた。

「最近の『めちゃイケ』の視聴率は、7~10%台をウロウロしており、他局に負け続き。中でも、EXILEなどが出演した5月17日の放送は、金山一彦やさとう珠緒が街道を歩いた『街道歩き旅(13)中山道110キロ諏訪~木曽馬籠ふれあい珍道中』(テレビ東京系)にまで負け、民放最下位となってしまった。ただ、『めちゃイケ』は3月に放送された4時間スペシャルが22.1%を叩き出しており、企画次第で高視聴率を獲れることが証明されている。しかし今回のSMAPには、そこまでの引きはなかったようです」(芸能ライター)

 国民的アイドルグループ・SMAPをもってしても、他局にかなわなかった『めちゃイケ』。だが同じ時間、テレビ朝日では『関ジャニの仕分け∞ 2時間スペシャル』が、さらに盛大にコケていた。

 この日の『仕分け∞』では、“歌ウマ”企画のほか、関ジャニ∞が「1泊2日で空港をいくつ回れるか?」という検証企画を放送。くしくもこの時間、TBSでは『ドリームデュエット★超豪華アーティストと芸能人12組が贈る奇跡のハーモニー』という歌ウマ番組を放送しており、企画が“モロかぶり”。結果、『仕分け∞』の視聴率は5.0%と、ゴールデンタイムらしからぬ悲惨な結果となってしまった。

「同時間帯の別番組にジャニタレが出演することも珍しいですが、よりによってどちらの番組も惨敗。企画も大きな原因でしょうが、多くの人に『ジャニーズのバラエティが飽きられている』という印象を与える、残念な結果となってしまいました」(同)

 ジャニーズ出演番組がそろって惨敗してしまった特番対決。26~27日にSMAPが総合司会を務める『FNSの日27時間テレビ(仮)』(フジテレビ系)には、『めちゃイケ』レギュラー総出演のコーナーも用意されているようだが、果たして名誉挽回となるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング