収入は1.5倍! ノリノリのゴーストライター新垣隆氏に違和感「『私も共犯者』なはずなのに……」

日刊サイゾー / 2014年7月27日 9時0分

写真

 全聾(ろう)偽装問題で佐村河内守氏のゴーストライターを務めた作曲家・新垣隆氏のメディア露出が増えている。今月19日にはニコニコ生放送『ニコニコ23時間テレビ』に出演し、新作の交響曲「HARIKOMI」を初披露。これは一連の疑惑をスクープした「週刊文春」(文藝春秋)の編集長から「張り込み取材中に聞きたい曲」というオーダーを受け、作曲したものだという。また、一部女性誌のインタビューでは「騒動後、いろんな仕事をさせていただいています。もともとは演奏の仕事が多かったんですが、最近は作曲の仕事が少し増えたかな。従来と比べると仕事量も収入も、なんとなくですけど、1.5倍ぐらいになったと思います」と“収入増”を告白。独身の新垣氏は現在、東京近郊で1人暮らし。結婚願望はあるものの、恋人募集中という。

 そんな中、23日に行われたショートアニメ『野良スコ』のイベントに登場した映画コメンテーター・LiLiCoが新垣氏に“ナンパ”されたことを暴露。あるテレビ番組の収録で「どういう女性が好きなの?」と聞くと「飲みに行きましょう!!」と誘われた上、「LiLiCoさんは優しい女性だ」と即興でオリジナルソングを作ってプレゼントされたという。これに、LiLiCoは「それが答えなのかと……でも(年齢が)タメだけど、私のほうが見た目は若いですよね!!」。携帯電話の番号は聞かれておらず「優しすぎて、『電話番号を教えて』と言うタイプじゃないから、私からゲットする」と前向きな姿勢を見せた。

 一方で、新垣氏がかつて記者会見で「私も佐村河内氏の共犯です」と懺悔していたことも忘れてはならない。あるテレビ関係者は「最近も、佐村河内氏を取り上げた5局7番組が『放送倫理・番組向上機構(BPO)』で審議入りすることが決まった。各局ともまだ贖罪の日々なのです。新垣氏が社会復帰し、本業が好調なのは良いことですが、フィーチャーされすぎる現状には違和感を覚えます。共犯者なのですから……」と苦言を呈す。

 ネット上でも、新垣氏の人柄の良さに好感を持つ意見とともに「調子に乗ってる」という声も上がっている。BPOの審議が終わるまでは、少なくともおとなしくしていたほうがよさそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング