人気メンより地味メン強し!? 「AKB48」の看板なしでも活躍する“意外とすごい”卒業組

日刊サイゾー / 2014年7月28日 11時0分

写真

 プロデューサー兼デザイナーを務めるファッションブランドが営業停止になった篠田麻里子や、CDの売り上げが伸び悩む板野友美、いつまでたってもタレントとしての色が出せない河西智美など、いまいちパッとしないイメージがあるAKB48卒業組。やはり「AKB」という看板を失うと、人気や影響力は一気に低迷してしまうようだが、そんな中、卒業後にテレビ露出を増やしているメンバーも少なからずいる。そこで今回は、2013年までに卒業した46人を対象に、各メンバーの卒業直前、2014年の上半期の半年間で出演回数を比較してみた。

●大島麻衣
09年4月26日卒業
卒業前:45回
14年上半期:63回
最近の出演番組:『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)など多数

 AKB時代は中心メンバーだったが、AKBがブレークする直前に卒業。“男性問題”が原因で事実上のクビに近い状態だったため、卒業後もAKBグループの全面バックアップを受けられず、ソロ転身当初は苦戦を強いられた。だが、そんな逆境を跳ね除け、タレントとしてたくましく成長。直近の出演番組は63回と非常に多く、AKB卒業生の中でトップの出演回数となっている。


●川崎希
09年2月27日卒業
卒業前:0回
14年上半期:38回
最近の出演番組:『美の国のお茶会』(テレビ東京系)、『なら婚』(日本テレビ系)

 卒業後はアパレル会社やネイル、エステサロンを経営する実業家とタレントの二足のわらじで活動。夫でモデルのアレクサンダーの「ヒモ夫」「クズ」ぶりが話題となり、最近は夫婦でバラエティ番組に出演する機会が増えている。


●秋元才加
13年8月28日卒業
卒業前:15回
14年上半期:35回
最近の出演番組:『マネーの羅針盤』(テレビ東京系)など多数

 AKB時代は11年の総選挙で17位、12年は20位と、パッとしなかった秋元。女優業に憧れAKBを離れたが、独特の顔立ちと勉強熱心さが実を結び、存在感を見せている。また、あの三谷幸喜に見初められ、“三谷ファミリー入りも間近”とのウワサも。同じく女優業での成功を目指す前田敦子や大島優子よりも、業界内での評価は高い。


●戸島花
08年11月23日卒業
卒業前:2回
14年上半期:29回
最近の出演番組:NHK教育『囲碁フォーカス』

 AKB卒業後、SDN48として活動。直近の番組はNHK教育の『囲碁フォーカス』のみだが、4月からレギュラー化され週に2回放送があるため、出演回数を増やす結果になっている。戸島は「囲碁ドル」の異名を持つほどの囲碁好きで、特技が生きた結果だ。


●野呂佳代
09年2月21日卒業
卒業前:0回
14年上半期:14回
最近の出演番組:『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)など多数。

 野呂も、AKB卒業後はSDNとして活動。12年3月でSDNも卒業するが、13年のはじめごろから出演回数を伸ばしている。同年2月に放送された『ロンドンハーツ』「有吉弘行先生のタレント進路相談」がきっかけとなった模様。アイドルらしからぬぽっちゃり体型といじられキャラで、バラエティ番組で人気が高い。

***

 人気メンバーよりも、どちらかというと地味だったメンバーが卒業後は活躍する傾向があることがわかった今回の調査。6月に卒業した“元センター”大島優子の今後が気になるところだが、果たして――?
(提供=テレビ出演ランキング http://www.tv-ranking.com/)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング