スポーツマンタイプの好青年ではない!? “ゴマキ”後藤真希の結婚相手の「正体」とは――後藤真希

日刊サイゾー / 2014年7月28日 13時0分

写真

 2年半の休養を経て、先月末に芸能界復帰した元・モーニング娘。の後藤真希が、3歳年下の会社員男性と電撃結婚した。

 ゴマキといえば“悲劇のヒロイン”として知られ、1996年に父親がロッククライミング中に転落死。アイドルユニットEE JUMPで活躍した実弟の祐樹は07年に窃盗と強盗傷害の罪で実刑判決を受け服役し、母親の時子さんも10年に自宅から転落して亡くなった。

 ゴマキはショックのあまり、芸能活動を休止。自宅に引きこもり、人気ゲーム『モンスターハンター』をやりこむ生活を送っていたという。

 そんな“ゲーム廃人”とまでいわれたゴマキを再び芸能界に引き戻したのが、結婚相手のX氏だという。所属事務所のエイベックスによれば、X氏は「さわやかなスポーツマンタイプのイケメン」。だが、周辺を取材すると……。

「顔はイケメンの部類に入りますが、外見はスポーツマンというより、元ヤン。建築会社に勤め、趣味は単車。現在も轟音を響かせながら自宅に帰ってくるため、近隣住民の間では騒音被害も出ているそうです。過去には、警察に補導されたこともあるそうです」(ワイドショー関係者)

 ゴマキとは7~8年前に知り合い、一度交際に発展したが、間もなく破局。昨年夏に再びヨリが戻ったという。ネット上では、ちょうど7年前に一部週刊誌でゴマキと弟・祐樹の“窃盗グループ”に属する男性との交際が報じられたこともあり「X氏は窃盗団の一味では?」とウワサされたが、事情を知る人物によると「祐樹とX氏は親しいが、窃盗団の実行グループではない」。また、ゴマキが新宿・歌舞伎町のホストクラブに通い詰め、ホスト男性と交際していたことから、X氏=元ホストという話も出ているが「それも違う」(同)という。

 こうなると、もはや「いったいこれまで何人の男と付き合ってきたんだ!?」という思いしかないが、ゴマキ本人がブログで「(X氏は)一緒に居てやすらぐ、思いやりのあるパートナーです」とコメントしているから、よしとしよう。

 不幸の連鎖を断ち切り、幸せをつかんだゴマキの“これから”を見守るしかない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング