吉高由里子・仲間由紀恵のNHK『花子とアン』大ブレークで、他キャストにもオファー殺到中!

日刊サイゾー / 2014年7月30日 13時0分

写真

 前作『ごちそうさん』を上回る高視聴率をキープしていた、NHK連続テレビ小説『花子とアン』が、ここへ来てさらに盛り上がりを見せている。

 特に注目を浴びたのは、7月18日の放送回。史実の「白蓮事件」に基づき、主人公・花子(吉高由里子)の腹心の友・蓮子(仲間由紀恵)が帝大生(中島歩)と駆け落ちを決行する場面で、ドラマのナレーションを担当する美輪明宏が歌う「愛の讃歌」が流れたままエンディングを迎え、ネット上では「鳥肌が立った!」などと絶賛の嵐だった。

「その後、各週刊誌などがこぞって『白蓮事件』を取り上げたこともあり、ドラマの知名度がどんどんアップしている。思わぬブームの到来に、制作サイドも『まさか、ここまでになるとは……』と、うれしい悲鳴を上げている」(NHK関係者)

 ドラマのヒットを受け、吉高と仲間の評価もうなぎ上りだという。

「吉高の所属事務所アミューズはもともとNHKとの関係が深く、吉高には早くも年末の『紅白』司会という大役が浮上。『花子とアン』が代表作となり、事務所の“看板女優”の座を上野樹里から奪還し、来年以降はオファーが殺到しそう。仲間は『ごくせん』(日本テレビ系)以降ヒット作に恵まれず、女優業が低迷していたが、今回の役がハマり、見事に息を吹き返した」(テレビ誌記者)

 2人の好演を支える俳優陣も軒並み今後のオファーが殺到し、芸能界での“勝ち組”になりそうだという。

「仲間演じる蓮子が嫁いだ大富豪を演じた吉田鋼太郎には、事務所が仕事をさばききれないほどオファーが殺到。今後は、各クールでのドラマの“掛け持ち”が増えそうだ。蓮子の駆け落ち相手役を演じた中島は、もともと美輪が見いだして世に出たが、イケメンで、おまけに明治時代の小説家・国木田独歩の玄孫ということもあり、今年大ブレークしそう。花子の夫を演じた鈴木亮平は、これまでは同じホリプロの俳優・女優のバーターでの出演が多かったが、すっかり独り立ちできた」(同)

 昨年の『紅白』は能年玲奈主演の朝ドラ『あまちゃん』が目玉だったが、今年は『花子とアン』がその座を射止めそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング