“チャラ男”DAIGOに異変! 合コンを断りまくっている!?「原因は不倫トラブルが……」

日刊サイゾー / 2014年8月1日 13時0分

写真

 チャラ男キャラで売るDAIGOが、ここのところやけにおとなしくなっているともっぱらだ。友人からは「合コンに誘っても断るし、女性の話をしなくなった」という声が上がっているのだ。

 7月29日、秋葉原で行われた島根県の観光PRイベントに出席した際、いつものように得意の「ウィッシュ」を披露していたが、囲み取材で記者に恋人の存在を聞かれるや、一瞬表情を変えて「いません」と小さく答えた。記者たちの白けた空気を察したか「占いで、近くご縁があると出た。39歳までには結婚したい」と3年先の話を加えたが、いかにも恋愛の話自体をしたくないような感じではあった。

 DAIGOは昨年秋ごろ、音楽関係者と親しくなったが、友達止まりで終わってしまったという話がある。事情を知る関係者は「本人は意外と奥手で、うまくいかなかった」と話す。

「相手女性は積極的なところを期待したんでしょうけど、DAIGOは違いますよ。見た目や言動はチャラいけど、人付き合いでも気を許した人以外にはメールの返信すらしないし、尊敬できるような相手としか遊ばない、かなりストイックな面がある」(同)

 そんなDAIGOが尊敬してやまないのはデビュー曲を書いてもらった氷室京介で、ストイックで知られる氷室から「ミュージシャンは教養を身につけないとダメ」と言われたのを機に、読書を趣味にしたという話だ。

 ただ、一方で「以前は合コンにだって顔を出していたし、ストイックという印象はなかった」という別の知人証言もある。

「昔は下ネタもよく話したし、好きになった女性には手が早かった。それが最近は、友人の間で『DAIGOを誘っても、読みたい本があるとか、仕事があるとかで断られる』という話をよく耳にするようになった」(同)

 一体、どっちのDAIGOが素なのかよく分からないのだが、恋愛しなくなった理由に「不倫トラブルで懲りた説」を話すのが女性誌記者だ。

「実は少し前、DAIGOには益若つばさとの関係がささやかれていたんです。当時の益若は既婚者で、それが彼女の離婚につながったというウワサです。三角関係の原因となったDAIGOが相当悩んでしまい、それ以来、女性に対して消極的になったといわれています」(同)

 益若の元夫、タレントの梅田直樹は離婚の際に「僕はすべてをお話しして差し上げたいのですが……まぁ大人の事情なので察してください」と、まるで原因が益若側にあるような言い方で、口外できない密約が存在することを明言しており、これは“口止め料”で黙らせたのではないかという見方もあった。その密約の中身がDAIGOだったとすれば、墓場まで持っていくべき話を共有していることになる。

 真偽は分からないが、仮に不倫トラブルで離婚まで引き起こしたことで「しばらく恋愛はコリゴリ」と自粛モードになっていたとするなら、納得できるものはある。友人たちからは「意外に甘えん坊」という声もあるDAIGOだが、私生活はすっかりインドア派に落ち着いた様子だ。
(文=ハイセーヤスダ)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング