13万円サンダル、コンシェルジュ、高級肉……SKE48・松井珠理奈の成金ぶりは「キャバクラシステム」のおかげ!?

日刊サイゾー / 2014年8月19日 20時30分

写真

 SKE48とAKB48を兼任するエースメンバー・松井珠理奈(17)の金銭感覚が話題となっている。

 17日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)に出演した松井は、高級ブランド・MiuMiuのビジュー付きスエードサンダルで登場。これが私物であることが明かされ、後に、13万円を超える代物であることが発覚。ネット上では「13万円もするサンダル履いてる女子高生とか嫌だわ」「金銭感覚のおかしさに、本人も気づいてないんだろうな」といった声や、「うらやましい!」「MiuMiuのサンダル、いいな~」といった声が上がっている。

 松井といえば、2008年に11歳でSKE48に加入。秋元康氏が「10年に1人の逸材」と絶賛し、同年、AKB48のシングル曲で早くもセンターに抜擢。今年の選抜総選挙では、4位にランクインした。

 また6月には、「週刊文春」(文藝春秋)が彼女への日常的な特別待遇ぶりを報道。同月3日の深夜には、東京・麻布十番にある一食2万円は下らない高級ステーキ店で食事をし、運営が用意した送迎用の専用車で帰宅。また別の日にも、超高級イタリアンや焼肉店の前に専用車で乗り付け、運営幹部と深夜まで食事をしていたという。

 さらに、彼女にはコンシェルジュ付きのデザイナーズマンションが与えられ、ほかのSKE48メンバーがバスで移動中も、松井は新幹線で移動。特別待遇は多岐にわたると伝えられた。

「17歳になってまだ半年もたたない松井ですが、小学生の頃から今の環境にどっぷり。給料もSKE48で断とつトップですから、一般の17歳の金銭感覚とかけ離れるのは、仕方がありません。逆にいえば、生活苦にあえぐアイドルが多い中、AKB48グループは期待値次第で好待遇を受けられる環境だということ。そもそも選抜総選挙も、過去にキャバクラ店長だった元総支配人の戸賀崎智信氏が、キャバクラ店でやっていたシステムを持ち込んだもの。同運営には、『頑張った女の子には、見合った待遇を』という精神が染みついているのかもしれません」(芸能記者)

 もちろん、未成年メンバーに贅沢をさせることへの賛否はあるだろうが、とにかく17歳にしてブランドサンダルを購入できる松井が、うらやましい!

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング