プロ野球西武・金子と真剣交際中の三田友梨佳アナが、元カレの“下ネタ暴露”に戦々恐々!?

日刊サイゾー / 2014年8月21日 19時0分

写真

 プロ野球西武ライオンズ・金子侑司内野手との交際が発覚した三田友梨佳アナウンサーが17日、フジテレビ系『ワイドナショー』に出演し、熱愛報道を突っ込まれた。

 番組冒頭、ダウンタウンの松本人志が、先週の放送に出演しなかった三田アナを「どうもお帰りなさい、先週待っていた。何かあったんですか?」とイジると、三田アナは「何もないです」と苦笑い。コメンテーターの茂木健一郎氏が「さっきから表情を見ていましたけど、このウワサは真実ですね!」とツッコむと、三田アナは赤面しながら両手で顔を隠した。

 このリアクションを見る限り、交際はガチだろう。そんな中、一部で暗雲も立ち込めている。

「実は金子と付き合う前、彼女は先輩アナウンサーと付き合っていて、さんざん振り回されたんです」(フジテレビ関係者)

 その元カレとは、1つ上の先輩アナウンサー・木下康太郎。平日朝の情報番組『とくダネ!』を中心にスポーツ中継などでも見かけるが、正直パッとしない。別の関係者は「かなりのチャラ男で有名。恵比寿界隈でよく合コンしていますよね。そのたびに“元カノトーク”を繰り広げていて、酔うと『ミタパンの(あえぎ)声はかわいかった』などと、下ネタトークに花を咲かせることもある。そんなお調子者だけに、ミタパンには復縁を迫るも、フラれてしまったようです(笑)」と話す。

 金子選手とは結婚も視野に入れているというミタパンだが、唯一の脅威は、おしゃべりな元カレの存在だろう。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング