次は法廷でASKA被告の“性癖”が判明か 愛人・栩内被告の次回公判は「SEX裁判」になる!?

日刊サイゾー / 2014年8月30日 9時0分

写真

 覚せい剤取締法違反(所持・使用)罪などで起訴された人気デュオCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)被告の初公判が28日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役3年を求刑して即日結審。9月12日に判決が言い渡されることになった。

 この日の裁判、情状証人として出廷することが見込まれた、元アナウンサーでASKA被告の妻・洋子さんは出廷せず。弁護人が供述書を読み上げ、洋子さんは「夫に寄り添って支えたい」と更正を支えることを誓った。

 離婚もせず、さらには、ASKA被告が入院する千葉県内の更正施設に足しげく通うなど、献身的な妻の思いを踏みにじったのがASKA被告だった。一緒に逮捕・起訴された愛人の栩内(とちない)香澄美被告について検察側から聞かれると、「大事な存在」とし、さらに「好きな人か?」と聞かれると「はい」と断言したという。

「栩内被告は、先月の初公判で『覚せい剤成分が検出されたのは鑑定ミス』などと、無罪を主張。来月9日の第2回公判で徹底的に追求されることになり、そのため、ASKA被告に対して多くの質問が飛んだ。ところが、ASKA被告は検察側から『栩内さんに覚せい剤を吸わせたり、MDMAを使ったことは?』と聞かれると『ありません』と答えるなど、共謀を完全否定した。栩内被告といえば、ASKA被告と関係が深かった大手人材派遣会社グループからあてがわれた愛人と言っても過言ではないが、ASKA被告は同グループから、栩内被告をかばわなければならないような弱みを握られているのでは」(芸能デスク)

 初公判で栩内被告はASKA被告と逮捕直前の性行為の内容を赤裸々に明かし、逮捕後、自らの尿と毛髪から覚せい剤成分が検出されたことを、ASKA被告の汗が毛髪に付着し、尿にはASKA被告の体液が混じった可能性があると主張し、鑑定結果の誤りを指摘。徹底的に争う構えを見せたが、このままだと次回公判は“SEX裁判”になりそうだという。

「準強姦罪で逮捕・起訴され実刑判決を受け収監された、柔道五輪金メダリストの内柴正人受刑者の裁判では、被害者との性行為の内容が赤裸々に暴かれ、法廷には『フェラチオ』などの淫語が飛び交う“SEX裁判”となった。今回、ASKA被告の公判では、4月29日に栩内被告からASKA被告に送られた『あんなひどいことするんだ。娘に絶対させないことを』というメールの内容が明かされたが、ASKA被告はその詳細について『彼女に聞いてください』と明言を避けた。おそらく、ASKA被告の“シャブSEX”についてだと思われるが、栩内被告の次回公判では、さらにASKA被告との性行為の内容が赤裸々に明かされるだろう」(司法担当記者)

 栩内被告の次回公判の注目度が、ますますアップしそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング