「ローラは整形キツネ」「松本人志は下衆」石原真理“プッツンブログ”次の標的は、田原俊彦か!?

日刊サイゾー / 2014年10月1日 13時0分

写真

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

“プッツン女優の元祖”といわれている石原真理の「話題作り」のための次の標的は、再ブレークした元ジャニーズ事務所の田原俊彦ではないかと、業界関係者の間でウワサされている。

 石原は8月22日付の自身のブログで、昔、男女関係にあった明石家さんまが、30年前に石原を“プッツン女優”と命名したことで迷惑を受けたと、突如公開謝罪を要求。「何を今さら?」と周囲を唖然とさせたかと思ったら、9月8日付のブログではダウンタウンの松本人志に「私に難破されたなどと言う虚言をスポーツ紙に平気で話すのも充分下衆なのですが」(原文ママ)とかみついた。松本が父親の死後、母親のところへ取材に行った記者を「下衆だ」と罵倒した発言の揚げ足取りとしか思えない。

 さらに、石原は9月15日付のブログで「私の真似をしている整形キツネの芸名ローラが化粧品のCMに本性を隠して出てる」「犯罪家族のくせに何故平気で電波に乗れて厚顔無恥でいられるのが本当に腹立たしい」と、嫉妬が入り混じった罵詈雑言を書き連ねている。

 このタイミングでローラを狙ったのは、彼女の名前を出せば話題になるという石原のしたたかな計算が見え隠れする。しかし、ローラの父親は処分保留で釈放されている中、“犯罪家族”と言い切るのは明らかに行き過ぎだ。だが、石原はローラについて、さらに攻撃すると公言している。

 それだけに、業界ではローラの次のターゲットは誰かと注目を集めている。これに関して、ある番組のプロデューサーは「田原俊彦だ」と語る。「田原は話題性もあり、今、バックに大きな事務所がついているわけでないので、週刊誌なども『石原が田原にかみついた』というネタは扱いやすい。それを狙うのではないか」というのだ。

 数年前、石原は『ふぞろいな秘密』(双葉社)という暴露本を出版。13人の男性との関係を告白しているが、その中に田原も入っていた。再ブレークした田原は、今の石原にとって、もってこいのターゲット。同書では、短期間交際していた事実が簡潔に書かれているだけだが、さらに突っ込んだことをブログで書いてもおかしくない。

 石原はすでに芸能界の表舞台から実質的に追放されているだけに、もはや、彼女の暴走は誰にも止められない。ある業界関係者からは「ブログの掲載差し止めの仮処分という、法的手段を講じるしかない」という声も上がっているが、一方で「触らぬ神に……。ああいうたちの悪いブログは黙殺するのが一番」(芸能関係者)という見方もある。

 いずれにせよ、石原に絡まれた当人はたまったものではない。石原の暴露本が出版された時、ビートたけしが「ディスコで会った時に、彼女を口説かないでよかった」と言っていたが、さんまや松本は今になって、たけしの気持ちが痛いほど身に染みているかもしれない。
(文=本多圭)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング