避妊薬常用まで! 栩内香澄美被告が法廷でASKAとの“濃厚セックス”を赤裸々証言した理由

日刊サイゾー / 2014年10月6日 9時0分

写真

「あまりの生々しさに、法廷は騒然となりました。男性記者の一部は閉廷後“エロすぎだろ”と大興奮でした(笑)」

 そう明かすのは、芸能リポーターの女性だ。覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けたASKAと愛人関係にあった栩内内香澄美被告の第3回公判が2日、東京地裁で開かれ、生々しい“中出しセックス”の中身が赤裸々に語られた。

 この日の焦点は、同被告から出た覚せい剤の陽性反応が、ASKAの体液によるものか否か、だ。検察側は尿検査を担当した科学捜査研究所の男性職員を証人出廷させ「精液に混入する覚せい剤成分はごく微量で、仮に混入していても検査で陽性反応を示すことはない」と証言。あくまで同被告が自発的に薬物を摂取していたと断じた。

 対する弁護側は、逮捕された5月17日の2人の行動を詳細に説明。自ら「大酒飲み」と自認する栩内被告は、前日16日の夕方から17時午前2時まで飲み会に参加し、その後、突然訪問してきたASKAと酩酊状態のなか“関係”を持った。

 傍聴した男性記者は「てっきり彼女のベッドでプレイするのかと思いきや、リビングのテーブルを片付け、マットレスを2枚重ね、その上にバスタオルを敷いた簡易ベッドで毎回行っていたそうです。風俗店か! と思わず突っ込んでしまいましたよ」と笑う。

 性行為中、多量の汗をかくASKAのためにエアコンの温度は常時18~20℃に設定。栩内被告はシャワーを浴びたが、ASKAはそのままの状態でプレイに突入したという。

 約2時間の行為では「上にいる彼の汗が私の顔に滴り落ちました。私の髪の毛は濡れ、頭皮に染み込むほどでした」と、かなり激しかった様子もうかがわせた。

 フィニッシュは膣内への“中出し”。誰もが唖然とするなか、同被告は「避妊はしたことありません。(避妊薬の)ピルをいつも飲んでいます」と平然と言ってのけた。

 行為が終わると、同被告は疲れ果て、全裸のまま寝てしまったという。生々しい証言の数々。なぜここまで明かす必要があったのか? 法曹関係者は「彼女は一貫して覚せい剤の陽性反応はASKAの体液によるものと主張している。汗かきのASKAと自らの髪の毛がびしょびしょになるまで激しいセックスを行ったこと、当日は泥酔状態で自らの意志で覚せい剤を吸引できる状態になかったことをアピールしたかったのだろう」と指摘する。

 一方でこんな意見もある。

「こういう過激なことを言えば、翌日のマスコミ報道はその話一色になる。うがった見方かもしれませんが、何か別に掘り下げられたくない秘密があるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 次回公判は10月21日の予定。今後も爆弾証言が飛び出すのか――。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング