「芸がない」元AKB48・篠田麻里子、拘置所イベント出演で“藤原紀香路線”を踏襲か

日刊サイゾー / 2014年10月10日 13時0分

写真

 タレントの篠田麻里子が4日、東京拘置所で行われた「第3回東京拘置所矯正展」にゲストとして出席した。最近、めっきり露出が減った篠田だが、この出演には所属事務所のある“戦略”が隠されているという。

「地上波でのレギュラーは、関東と名古屋ローカルの『PON!』(日本テレビ系)だけ。今夏には女優としてドラマ『家族狩り』(TBS系)にも出演していましたが、作品を含めて大して話題にもなっていません。篠田の肩書は“モデル・女優”となっていますが、AKB48時代の勢いはなくなり、際立った芸もない。もはや、過去の人となりつつありますね」(芸能関係者)

 最近の目立った話題といえば、7月に自身がプロデュースしていたアパレルブランド「ricori」の運営会社が自己破産した件くらい。

「本人も『ここまでパワーダウンするとは……』と、かなりショックを受けているようです」(同)

 ただ、別の芸能関係者は、今回のイベント出演を機に「篠田は別のジャンルで、タレントとしての価値を維持しながら活動を続けるようだ」という。

「社会貢献を軸に活動をしていくと思いますよ。そうすれば、いいイメージもつきますし、うまくいけば広報大使としての仕事も舞い込む。で、時々女優やタレントの仕事をやれば、世間一般でのタレント価値は、なかなか落ちないでしょうね。くしくも、篠田の事務所の先輩には藤原紀香がおり、彼女も日本赤十字社の広報特使を長年務めながら女優業を続けている。そのノウハウを使って、マリコ様も再生させることになるでしょうね」(同)

 本業が不調でも、あの手この手でイメージを維持するのは大変だ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング