AKB48新曲「希望的リフレイン」MV、板野友美の“急成長爆乳”大暴れで「めっちゃ痛そう」

日刊サイゾー / 2014年10月30日 17時0分

写真

 AKB48のニューシングル「希望的リフレイン」(キングレコード/11月26日発売)のMVに出演する板野友美(23)の“暴れる爆乳”が話題だ。

 「走る」をテーマに制作された同MVは、卒業生の前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野を含む“歴代センター”たちが、“ゴールドマイク”の入ったかばんをリレーしていく躍動感のある内容となっている。

 ファンからは、「落ち目であることを、運営が認めるかのような演出」「こんなことばっかりやってたら、若いメンバーにファンがつかない」と、卒業生の出演に賛否両論が巻き起こっているが、その一方で、板野の爆乳ぶりも話題に。特に大島と並走するシーンでは、Gカップはあろうかという板野の爆乳が、上下左右に激しく暴れている様子が見て取れる。また、板野は爆乳が暴れるたびに丈の短いカットソーから腹が見え、これも激しい胸の動きを強調している印象だ。

 これにネット上では、「胸にしか目がいかない」「隣で走る大島優子の胸が、とても自然に揺れてる」「いきなりデカくなりすぎ!」「入れてるものがずれちゃうよ!!」といった意見や、女性から「うわあ! めっちゃ痛そう!!」といった感想も見受けられる。

 現在、AKB48の公式YouTubeチャンネルで配信されているMV映像はショートバージョンのため、ここで板野が走る映像を確認することはできない。だが、テレビの情報番組などでは繰り返し放送されており、ネット上では板野が走る場面のみがGIFアニメ化されるなど、注目度の高さがうかがえる。

 板野といえば先月、ブログに水着姿で川遊びをする自身の写真を投稿(現在は削除済み)。そこに、かねてから交際がウワサされるEXILE・TAKAHIROらしき男性が写っていると話題になったが、それ以上に「胸が急に大きくなっている」と大騒ぎに。

 さらにこの騒動の翌日、レギュラー番組『板野パイセンっ!!』(TBS系)に、胸を強調するような腹出しタンクトップ姿で登場。あまりのスタイルの変貌に、視聴者を騒然とさせた。

「AKB48時代には水着姿になることも多かった板野ですが、『胸が大きい』という印象は特になかったため、ファンも驚きを隠せない様子。板野が豊胸手術を行ったのか、ブラジャーに“極厚パッド”を入れるようになったのか、はたまた別の方法なのかは分かりませんが、最近、急変したのは明らか。整形手術を繰り返す女性の中には、限度が麻痺してしまい、依存症に陥る人も少なくありませんが、彼女は果たして……?」(芸能ライター)

 彼女の爆乳から、今後も目が離せなさそうだ!

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング