浅草ロック座・名物会長が退陣へ──ビートたけしと早乙女太一をめぐる大衆演芸の“光と闇”

日刊サイゾー / 2014年11月3日 12時0分

写真

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 東京・浅草の“ストリップの殿堂”と呼ばれた老舗ストリップ劇場「浅草ロック座」を運営する斎藤観光が、東京地裁から破産決定を受けたことが明らかになった。負債総額は2億3,800万円。ロック座の運営は関係会社で続けられていくが、ロック座の名物会長であった齋藤智恵子さんが経営の一線から退くことになったのは間違いないようだ。


 齋藤会長は、東八千代という芸名で36歳の時にストリッパーデビュー。踊り子の域にとどまらず、生まれ持った経営の才能を発揮し、文字通り“裸一貫”でロック座を日本一のストリップ劇場に育て上げたという話は有名だ。

 その一方で、齋藤会長は若山富三郎や若山の実弟の勝新太郎のタニマチとしても知られていた。2人の死後は、ビートたけしをかわいがっていた。齋藤会長が周囲に「たけしが浅草の『フランス座』にいた頃からかわいがっていた」と語っていた話を聞いたこともあるが、それは事実とは違うようだ。

 たけしの浅草時代は、フランス座とロック座はライバル。接点はなかったはずだ。齋藤会長がたけしと親しくなったのは、1997年にたけしが「浅草芸能大賞」を受賞してからだ。授賞式が終わった後、たけしは賞金を遊んで使おうと、向島の料亭「千代田」で、放送作家の高田文夫らスタッフとともに豪遊。千代田を紹介したのが筆者だったことから、途中からたけしに呼ばれた。その日は土曜日だったために、芸者の数が少なかった。筆者が到着するや、千代田の女将が「あの男が『女がいない、女が欲しい、今日は泊まっていく』と言って、うるさいのよ」と愚痴る。「女がいない」とごねていたのは、高田先生だった。他人のふんどしで遊んでいながら、情けない男だと思ったことが、いまだに記憶に残っている。

 浅草芸能大賞受賞をきっかけに、たけしは軍団のメンバーを連れて、ロック座に頻繁に遊びに行くようになった。たけしは“マザコン”を自称するだけに、年配の女性を大事にする。それに応えるように、齋藤会長は倒産した「勝プロ」が手がけていた映画『座頭市』の映像化権を債権者として保有していたため、北野武監督、ビートたけし主演の『座頭市』を撮らせ、北野映画屈指のヒット作にした。また、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された女優の小向美奈子も、ストリッパーとして再起させた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング